癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

腎経の治法・絶脉・絡脈及び考察

昨日、腎経の経脈病症を書きました。
其の中で、赤文字で書かれた病症が2つあった事にお気づきになったでしょうか?

その2つの病症についての考察を付け加え、
今日は、その記憶が鮮明な内に、腎経を仕上げてしまいましょう。

どの経脈篇にも、最初に治法が載っています。
が、この腎経だけは特別な治法が足してあるのです。
それは、腎の蔵が、腎経という経脈が如何に大事であるかを
端的に示したのだと私は思っています。

一寸、長いですが、お付き合い下さい。

原文、読み下し、講義は好漢医学林・I先生によるものです。
考察だけは、自分自身への問題提起といたします。

治法
(原文)
為此諸病 盛則瀉之 虚則補之 熱則疾之 寒則留之 陥下則灸之 不盛不虚以経取之
灸則強食生肉 緩帯 被髪歩大杖重履
 

(読み下し)
此の諸病たるや、盛んなれば則ち之を瀉し、虚すれば則ち之を補い、
熱すれば則ち之を疾(はや)め、寒(ひ)ゆれば則ち之を留め、
陷下すれば則ち之に灸し、盛んならず、虚せざれば、経を以って之を取る。
灸すれば則ち強いて生肉を食し、帯を緩め、髪を被(ひら)き、
大杖(だいじょう)重履(じゅうり)して歩む。


(意訳)
盛んなれば則ち之を瀉し、虚すれば則ち之を補い、熱すれば則ちこれを疾(はや)め、
寒(ひ)ゆれば則ち之を留め、陷下すれば則ち之に灸し、盛んならず虚せざれば、
経を以って之を取る。
 
 経脈が実邪盛んである状態である時には瀉法を施し
 経絡の詰まりを取り除くようにし、真気が虚の状態にある時にはこれを補います。
 素問には「遠きを補う」と書かれており、
 腎経は流注の始まりの小指下穴から補うようにすると良いです。
 熱があれば、気の至る事速い故に、鍼の出入りも早くします。
 則ち、速刺速抜の術を施します。
 逆に、寒ある(冷える)様であれば、気の至る事遅き故に、鍼を留める
 (押手をしっかりとして、置鍼する)。
 押手を緩めては、気がどんどん抜けていってしまいますから、
 必ず押手をしっかりとするようにして下さい。陷下するとは、
 切経して指を皮膚上にすべらせて行くとき、僅かにぺこんと凹んだ感じがすることです。
 陷下するのは、陽気が内に衰えて脈が起たぬためでありますから、
 施灸して陽気を回復させるのです。
 人迎寸口比較診によって、経脈の虚実が明確に判定できない場合があります。
 この様な時には、病的症状と深く関連する経脈を選び出して、
「自経病」とし、その一経のみに治療を施します。自経病は、
 難経49難に詳細が在る故、ここでは省略いたします。
 
 ここまでの治法は、経脉篇のどの経脈にも書かれているのでありますが、
 此の後が、腎経のみ、違っています。そこで、ここで改めてこの治法を挙げたのです。
 
灸すれば則ち強いて生肉を食し、帯を緩め、髪を被(ひら)き、
大杖(だいじょう)重履(じゅうり)して歩む
 
 灸をして真気を補った上で、生肉を無理にでも食べさせ、帯を緩めて、
 髪を解き開き、大きな杖を持って、履物を幾重にもして厚くした上で歩く事である。
 灸で、気を補うのは解かります。しかし、腎虚で、食欲が無い人に
 無理やり生肉を食べさせるというのはどうでしょう?好漢医学林のI先生のお話では、
 下痢をしており、ビタミンが足りなくなっているであろうことを考えて、
 ビタミンBが豊富である生肉を食させたのではないだろうか、という事でした。
 これについて、『類経』では、「牛肉は味厚きなり。味厚きは精を補う。
 (中略)安静は気を養う。諸経にこの法を言わずして、ただ腎経のみこれを言うは、
 真陰所在し、精は元気の根と為すを以ってなり」とあり、
 精を主る所の腎に足りない精を補う為に生の牛肉を食べさせたのであろうとの解釈です。
 また、帯を緩め、髪を被(ひら)き、とは、体を締め付けるのを止めて、
 ゆったりとした服を着なさい、という事ですが、これは病的に気血の流れが
 止まっているのを少しでも助けようというところでしょう。
 難経では肝の病の時に、この表現があります。
 循環障害を助ける為であろうと思われます。
 大杖を付いて、転ばないように、履物をたくさん履いて足を冷やさないようにして、
 用心して沢山歩きなさい、という事だそうです。歩けば気街(鼠径部)の
 気血の流れが良くなり、症状も和らぎますから、理に叶っています。


絶脉
(読み下し)
足の少陰の気絶すれば則ち骨枯る、少陰は冬の脈也、
伏行して骨髄を濡(うる)おす者也、
故に骨濡(うる)おわざれば則ち肉着くこと能(あた)わず也、
骨肉相親しまざれば、則ち肉軟却す。
肉軟却する故に歯長じて垢つき、髪澤(つや)無し、髪澤(つや)無きは骨先ず死す、
戊(ぼ)に篤(あつ)く 己(き)に死す、土水に勝つ也


(意訳)
足の少陰腎経の気が絶えると、骨がやせ衰え枯れた様になります。
少陰は、冬を主る故に、木々が枯れてゆくように骨も枯れるのです。
気血が中に入って行って、骨髄を栄養します。故に骨が栄養できない状態であれば、
そこに肉が付くとは到底考えられません。やせ衰えて行くわけです。
骨と肉がお互いに滋養されないならば、肉が軟らかく、力無くなってしまいます。
歯肉が後退してしまうが故に、歯が長くなったように見え、黒い筋が入ってきます。
これは、どんなに一生懸命に磨いてもダメです。
髪の毛は艶が無くなり、艶が無くなって来たと思ったら、
骨が先にダメになっているのです。これは、腎の華が髪であるからです。
土尅水でありますから、戊(つちのえ)に状態が悪くなり、己(つちのと)に
死ぬ事になるのです。状態が悪いと、時の気にその生死が左右される事になるのです。


絡脈
(原文)
足少陰之別名 曰大鍾 當踝後 繞跟別 走太陽 其別者併経上 
走于心包 下外貫腰脊
其病気逆則煩悶 實則閉隆 虚則腰痛 取之所別也


(読み下し)
足の少陰の別は名付けて大鍾と曰う、當(まさに)に踝(くるぶし)
の後(しりえ)に當(あ)たりて跟(こん)を繞(めぐ)り 別れて太陽に走る、
其の別は経に併せて上りて心包に走り、外を下りて腰脊を貫く。
其の病 気逆すれば則ち煩悶し、實すれば則ち隆閉(りゅうへい)し、
虚すれば則ち腰痛む 之を別れる所に取る也


(意訳)
足の少陰腎経の別絡は名付けて大鍾といいます。
くるぶしの後に当たる部分で踵骨を取り巻き、そこから脈気が
別れて足太陽膀胱経にその経脈が流れます。
その別の経脈は足少陰腎経に沿って胸まで経気が上り更に外を下って
腰、背中を貫いています。背骨の督脈と重なる部分があると思われます。
其の病、絡脈の逆上があるとのぼせ、動悸、口渇して苦しみ、
経気が余りある時には尿閉(前立腺肥大で尿
が出ない状態を言うのではないかと思われます)し、
その経気が虚する時には腰が痛みます。これは、虚証の痛みなので、じわじわと痛く、
いわゆる疲れ腰で、第三腰椎横突起の横に出来る硬結が痛むのだと思われます。
こういう症状が出た時には、その経穴を大鍾(或いは水泉)に取るとよいです。



さて、昨日赤字で書いた部分の考察に移ります。
同じような表現が『傷寒論』にも載っており、
腎経の病と同病だと思われる為です。


《参考》
(少陰病)
 少陰の病たる、脈微細にして、但だ寝んと欲するなり 
 腎経の所生病に、「臥す事を嗜(たしな)み」とあります。
 傷寒論で謂う所の三陰三陽病の少陰病に、同様の表現がある事に注目しました。
 「少陰病の特徴は、脈沈微、或いは沈細、気力哀憊(はい)し、ただ悪寒し、
 倦怠嗜眠、完穀下痢、手足厥冷、身体疼重し、或いは腹痛し、或いは虚渇し
 (渇するも舌苔無く、又舌面も乾燥せず)或いは背悪寒し、或いは反って
 虚熱を発して煩躁する。少陰病は、生命活動衰え、新陳代謝が減弱した状態である。

(厥陰病)
厥陰の病たる、消渇し、気心に上撞し、心中疼熱し、餓えても食を欲せず、
食すれば則ち吐し、之を下せば利止まず
 
 厥陰病の特徴は、精力衰脱、体液亡失による口内乾燥及び口渇、
 胸内苦悶、呼吸の浅表微弱、急激な心臓衰弱、飲食不能、手足厥逆、絶脉などである。
 厥陰病は、陰の極に達し、精力がまさに尽きようとし、
 虚気上逆し、急に重態に陥り、危篤に近い状態である。」
                (横田観風著 『経絡流注講義』より)

こうしてみると、腎経の是動病・所生病は傷寒論上の、
厥陰病、少陰病と同じ様な状態に見えるのですが、
是動病の方が重態に感じられるのは何故でありましょう?
経絡が動じる是動病、臓器が病む所生病、
どう考えても所生病の方が重い症状、
つまり、厥陰病に近くあって然るべきだと思うのですが? 
まず、経絡が病んで、其の後に臓腑が病むはずなのです。

これに関しては、資格を取った後に自分への宿題といたします。
しっかりと臨床の記録を取り、後の為への考察を重ねて行く事を
ここに、お約束いたします。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/11/22 (Mon) 22:53 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。