癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鍼道発秘講義

今、いやしの道の会の四部録の一つである、

鍼道発秘講義を読み返しています。

特に、これからの季節、冷え症の人にはきついですよね。

そんな時に役立つのが、その中でも、「大寒(冷ゆる症なり」の鍼。

『是れは其の鍼を深くして、久しく留むべし。

 肩、背中の張る所を多く刺して、その気をめぐらし、

 後、手足を員利針にて、強く刺すべし。

 立ち所に暖まるなり』


とあり、患者さんが冷え切った状態で、多いに寒がる事の治療法を述べています。

よ~し、冷え症の患者さんが見えたら、これを早速試してみよう!

本文にある通り、気が内に籠もって、巡りにくい状態になっていますので、

運動をすると、良いのです。

が、気が巡らない為に、運動が嫌いな人が多いのです。

少しづつ、散歩からで良いので、身体を動かすようにしてみて下さい。

身体がポカポカするようになってきます。


そのほか、冷え症の方は、お灸がよく効きます。

特に女性の冷え症の方は、三陰交の灸がよく効きます。

内くるぶしの上、指を横にして4本の所にあるツボです。

千年灸で良いので、冷え症の方は試してみてね。








スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。