癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

足が攣って、痛いの!

寒くなってくると、足が攣ることが多くなってきますね。

俗に言う、こむらがえりの事ですが、

これに良く効く漢方薬があります。

「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」です。

これを熱湯に溶いて、飲ませて、ほら、5分。

ものの見事に、こむらがえりは治まります。

常備しておくと、便利ですよ。

という私も、今さっき、足が攣って、

足を引きずりながら、クスリを飲んできた所なんです。

 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)…傷寒論太陽病上篇第29条に在り。
   方 芍薬4.0 甘草4.0
  右二味を水六勺(120cc)を以って似て三勺となし滓を去り2回に分かちて温服すべし。
  芍薬甘草湯は次の証候ある者用ふべし。
  手足ひきつりて伸びない者、或いはひきつりて痛む者、何れもその引きつりを目的として用ふれば実によく効  くもの也。腹痛、歯痛、手足の痛み、肩張り等に用途広し。
となっており、
甘草は「急を救う」物ですから、このような用い方になるのですね。

家に一服でもあると、重宝に使えますよ~♪

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。