癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

霊枢経脈篇 腎経

個人的には、腎経の循りが好きです。
覚えやすい所為もあるかもしれません~
では、行きます!

好漢医学林先生の講義、資料から
霊枢経脈篇 腎経

(原文)
腎、足少陰之脈、起小指之下、邪走足心、出然谷之下、循内踝之後、別入踝中、以上端内、出膕内廉、
上股内後廉、貫脊属腎、絡膀胱。其直者、従腎上貫肝膈、入肺中、循喉暑゚、挟舌本。
其支者、従肺出、絡心注胸中。

(読み下し)
腎、足の少陰の脈は、小指の下に起こり、斜めに足心に走り、然谷の下に出で、内踝の後を循り、分かれて踝中に入る。以って端内に上り、膕の内廉に出で、股内の後廉に上り、脊を貫いて腎に属し膀胱を絡う。その直なる者は、腎より上って肝膈を貫き、肺中に入り、喉暑゚を循り舌本を挟む。其の支なる者は、肺より出でて心を絡い胸中に注ぐ
(意訳)
腎、足の少陰の脈は、小指の下に起こり 
足少陰腎経の脈気は、足太陽膀胱経の脈気を受けて足の小指の下から起こります(小指下穴と呼ぶ)。
 小寺先生は足の小指の下の付け根の部分に良く、爪鍼を立てていたと、好漢医学林の先生は仰っています。
 巷の流注本の様に、湧泉穴から起こるのではありません。

斜めに足心に走り、然谷の下に出で 
小指下穴から起こった脈気は斜めに走って足心(湧泉穴)を循って然谷穴の下に出てきます。
 湧泉穴は非常に刺激量の多い穴ですから、禁鍼穴です。鍼を打つと臓腑を傷るとされています。
 が、腎経を温めるのに、施灸は良いのです。
その刺激量の多さを利用して、麻痺を起こしている患者さんに使って、その拘縮を緩めてあげる事ができます。
小児麻痺などで身体中が拘縮しているお子さんに使って、その拘縮を緩めてあげると、縮こまっていた身体が緩んで、成長を始めて体が大きくなってきたという実例があるそうです。
私達の仕事は、身体を治すだけではない、「希望を持たせてあげる」という、心の治療も共にできるのです。

湧泉…(井木穴)禁鍼穴。臓腑を傷るとされているので、施灸をします。高血圧や眩暈、扁桃炎などに。
然谷…(熒・火穴)舟状骨下辺りに取穴。禿頭(とくとう)病、扁桃炎、不正出血などに。

内踝の後(しりえ)を循り、分かれて踝中に入る。 
内踝の後を循り、本流から分かれて、かかとの中に入ります。(大鍾・水泉穴)。

足少陰腎経の踵を循る図
(クリックでおおきくなります。ヘタな絵でごめんなさいm(_ _)m)

大鍾…(絡穴)
水泉…(郄穴)
上記の2つの穴は支流になるのですが、これは、井熒兪経合の順番を強調しているからだと思われます。
照海…(八総穴・陰蹻脈の主治穴)沢田流では、この穴を原穴として使用していました。理由は、原穴の太谿が土穴な為、土尅水になってしまう為です。
太谿…(兪土原穴)原穴ですから、治療には是非、使用したい穴なのですが、穴性が土性の為、水性である腎を尅してしまうという問題があります。勿論、必要な時には勇気を持って使う事もありますが、理論上は不使用、という事になっています。

端内に上り、膕の内廉に出で 
端とは、ふくらはぎの事です。膕とは、膝の内側の事です。
 本流は照海穴から太谿を循り、アキレス腱の前面の凹部に沿って上行いたします。ヒラメ筋と腓腹筋の間を通り、築賓穴を循り、膝の内側、陰谷穴に出てきます。
復溜…(經金穴)肺経の経渠穴と共に、腎虚には必発の穴です。命を賭ける位の気持ちで取穴して下さい。
交信…(陰蹻脈・郄穴)復溜から三陰交に向かう支流です。三陰交への枝を出し、足太陰脾経、足厥陰肝経と交会します。
築賓…(陰維脈・郄穴)解毒の特効穴です。特に肝虚の人には必発の穴になります。一説では、解毒作用が強いので、二日酔にはもってこいだとか。お試し下さい。
陰谷…(合水穴)かなり膝の内側に取ります。ここで大腰筋の緊張を取ります。腎虚の治療には必発です。

股内の後廉に上り
股とは、大腿部の事です。大腿部の後側を上行して行きます。

脊を貫いて腎に属し膀胱を絡う。その直なる者は、腎より上って肝膈を貫き、肺中に入り、喉暑゚を循り舌本を挟む。  
大腿部後側を上行してきた経絡は、尾骨から入り、背骨を貫いて、第2腰椎辺りで腎に属し、流れは腹部の方を循り膀胱を絡います。その直流は、腎から上行して肝と横隔膜を貫いて肺の中に入り、肺経と共に喉を上行して舌本を挟みます。
 尾骨から仙骨を循るのは、この少陰腎経のみです。だから、この仙骨周りを如何にして治療するか、という事
が治療家の腕にかかってきます。経絡がどう、流注しているのかを良く知って置く意味がここにあります。時  に、しりもちをついて、尾骨骨折をしたという人が居ますが、こういった人は、後々に、頸の周りががちがちに 凝ってしまうものなのです。頸を触らずに、仙骨を使って治す、そこに醍醐味があります。
  直流が肝と横隔膜、肺を貫きますから、腎と肝、呼吸と肺に非常に深い関係があるのだという事が、ここで解かります。
 流注は腹中を流れていますから、
横骨~中までの穴は体表に現れる、反応点を見る場所だという事になります。
兪府だけは特殊で、腎経の最後の部分で気血の流れを調節したいのです。骨痺があるので、最初~最後の穴まで治療したい部分です。流注としては、舌本を挟むと言う事になっていますので、舌骨の両側も治療点として加えたいのですが、腎虚の人は、「恐」怖感を強く感じるので、治療家と患者さんとの間に、余程の信頼関係が無ければ、中々治療出来ない場所です。普通は兪府を使って下さい

其の支なる者は、肺より出でて心を絡い胸中に注ぐ。
直流ではなく、支流が肺から出て、心を絡い、胸中に注ぐのです。
心を絡ってから胸中に注ぐと言う所に注目して下さい。腎経の病症に心理的な部分も多いという事を意味します。胸中に注いだ脈は次の厥陰心包経の脈気を起こして行きます。



以上、如何でしたでしょうか~?
途中、下手な絵が入りましたが、スミマセン…絵を描くのは、苦手なんですよ~。
どこかから、コピって来て、その上に描こうかとも思ったのですが、
手作りの暖かさ(下手さ)(笑)を選びました。

わから無い事、ヘンだと思う事、可笑しい!と思うこと、
ありましたら、バンバン、書き込んで行ってください。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

流れ

身体の中に流れがある、それだけで不思議ですが、
支流まであるんですね
湖とか小川まであったりして~なんちゃって

ピカチュウ | URL | 2010/11/14 (Sun) 15:20 [編集]


ピカチュウさんへ

当ブログへようこそ!
一寸、難しい所は護勘弁を!
身体には、縦横に経脈が走っています。
そう考えると、
ピカチュウさんの仰るように、小川がたくさん、
流れているイメージはとても良い感じですね~。
湖もあるかもしれません。
そうやって、流注図を眺めると、面白い発見が
あるかもですね~。
ありがとうございます(^^)

白い月の風 | URL | 2010/11/14 (Sun) 15:42 [編集]


WWW

日本語でぉk

娘 | URL | 2010/11/14 (Sun) 17:52 [編集]


娘へ

悔しかったら、白文読めるようになれぇ~w

白い月の風 | URL | 2010/11/14 (Sun) 19:30 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。