癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

昨日の勉強会

昨日の勉強会、寒かった~ですが、矢張り参加して良かったです。

今、飲んでいる桂枝2越婢1加苓朮附のお陰で、

大分、冷えが改善されて、寒さもあまり苦にならなくなりました。

17:30からの勉強会に、14:30には家を出るんですよ~。

田舎から、東京までの遠さが分かるでしょう。

もちろん、早めに到着を心がけているので、その時間なのですが。


昨日は胸脇苦満という症状の続きで、柴胡桂枝湯を一寸読み、

その後、ニキビに効く漢方薬を勉強しました。

良く、漢方薬局とか内科で出される、ニキビの漢方薬は、

清上防風湯です。

が、これは、熱の度合いが強く、胸脇部から表位にまで熱がある状態の場合で、

お血と言って、身体の中で巡りが悪く古くなった血液に毒がある状態で、

ニキビができる場合には、桂枝茯苓丸または、

その熱の上逆が強ければ桃核承気湯、

胸脇苦満と胸膈部の熱、少陰病の場合は、小柴胡湯か大柴胡湯、

のぼせが強く、胃に湿熱があ瑠場合は黄連解毒湯、

身熱が強く咽が酷く渇く時には白虎湯、

お腹に冷えがあり、気血が皮膚を巡らないような場合には当帰芍薬散を、

と、ニキビ一つにも、一寸考えただけで、これだけの薬方が上がってきます。

これを、「鍼灸で治すとしたら」というように、私たちは考えます。

どこに熱があるのか、冷えがあるのか、どこが実していて、どこが虚しているのか。

それをしっかりと捉えながら治療して行く、

それがいやしの道流の考え方です。

いつか、そういう知識や理念までも離れて、

身体が自然に動いて、手が働いて治療できる、

そんな境地になるまで、しっかりと学び、努力せねば、と、

勉強会に参加する度に決心を新たにするのです。


最後の1時間は坐禅をしてきます。

癒すという境地に達する為に、自分を内側から見つめ、

外側から見つめ、「無」の境地を目指します。

そして、「無」の状態で治療できるように、

いつか、その境地に達したいと思います。




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは!(。・▽・)ノ
 無の境地ですかσ(・´ω・`;)
 難しそうですよね。。

 漢方は効くよーって知り合いが言っていたので、その効果は信じたいです(*゚∀゚*)

†knight | URL | 2011/12/26 (Mon) 00:46 [編集]


Re: †knightさんへ

こんにちわ。コメント、ありがとうございます~

> こんばんは!(。・▽・)ノ
>  無の境地ですかσ(・´ω・`;)
>  難しそうですよね。。

はい。もう、何年か坐っていますが、
なかなか無の境地にはなれなくて…

>  漢方は効くよーって知り合いが言っていたので、その効果は信じたいです(*゚∀゚*)

漢方は証さえ合えば、激効きしますよ~
ただ、その証を立てるのが、難しいのです。
余程熟練した医師か、薬剤師さんでないと、その人に合った、
漢方薬を出すのは、難しいです。
私たち鍼灸師は、いくら漢方薬の勉強をしても、漢方薬の処方は
出来ませんけれども、体を診る一つの方法として、漢方を学んでいます。

白い月の風 | URL | 2011/12/27 (Tue) 21:50 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。