癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

腎虚証について

最近の私は体力がありません。

姿勢を保っているのが辛いので、横になってばかりです。
文字を書く手が震え、綺麗な字が書けずに困っています。
歩くとすぐに息が切れ、足の裏が痛くなってきます。
このような状態は、東洋医学で言う所の「腎虚」に当たるのだそうです。

詳しくは、好漢医学林の先生のブログをご覧下さい。

今日は、腎虚証について、一学生が調べたり、講義を頂いたりして、自分の中で
「こんな意味だろう」と思うところを記して行きます。

「腎虚証」
腎虚…身体は一体、どんな状態になっているのでしょうか?

まずは、「腎」を東洋医学ではどう考えているのか、辞書からピックアップしてみます。

腎…五臓の一つ。膀胱と表裏の関係にある。主な機能は、精を蔵する事であり、
 先天の本となる。これは本蔵        
 の精を蔵する(先天の精)ばかりでなく、五藏六府で水穀が変化して生じる精気
 (後天の精)を蔵し、臓腑肢体の各組織を滋養する。
 また、水を主り、三焦・膀胱と合して津液を主り、肺・脾と協力して
 体内の水液の代謝と調節を行う。腎はまた骨と合す。精はよく髄を生じ、
 髄は脳に通じるので、脳・髄・骨の成長と働きは腎気と密接な関係がある。
 これより、歯・頭髪の成長、脱落も腎気の盛衰と関係がある。
 腎は上で肺に連らなり、元気の根となり、納気を主る。上は耳に開竅し、二便を主る。
 腎は2つあり、《難経36難》に、左側を腎、右側を命門としている。腎は陰を主り、
 水に属し、命門は様を主り、火に属する。ゆえに腎は一水一火で、水火の臓と呼ばれる。
 通常真陰は腎陰を指し、真陽は腎陽を指し、命門の火という。

何だか、解かったような解からないような気になってきました。

西洋医学で言う、「腎臓」とは、明らかに趣が違い、臓器そのものというより、
働きの事全般を指して「腎」と呼んでいる様ですね。

先ず最初に出てくる、主な機能、「精を蔵する」という事ですが、これは、
1)生殖の精を臓し、主に人の成育と繁殖を主る。
2)五藏六府の精を蔵し、主に人体の成長と発育を主る。生命の根、生身の本となる。
とあり、《素問六節蔵象論》には、「腎は蟄と主り、封蔵の本、精の処なり」と、
《素問上古天真論》には、「腎は水を主り、五藏六府の精を受けて之を蔵す」とあります。

生きて行く根源の力となるのが、この腎の働きの一番大きな役割と言えそうです。

では、私たちが「経絡治療」をするに当たって、患者さんに、「腎虚」と診断したとします。
「腎虚」を、どう、説明したら良いでしょうか?

1.「腎に実無し」と言われています。 勿論、腎経の実はあるのですが、
 臓腑としての「腎」には「実」は無いと言います。が、歴史上で名を成した、
 例えばジュリアス・シーザーとか、日本で言えば豊臣秀吉などは、「腎実」タイプだった
 と言われています。頑固で、何か大きな事を成し遂げる力を持ち、
 色黒で筋肉がガッシリとしているそうです。

2.「虚証」です。早く老けたり、白髪になるのが早かったり、
 骨粗鬆症になったりしやすいです。腎は髪を主り、骨も主るからです。

3.肌の色がすすけて黒ずんだようになる。腎の色は黒です。
 好漢医学林の先生のお話では、この「黒」というのは、「酸化」の結果の黒なのだそうです。

4.唾液の分泌が少なくなり、むし歯が出来やすい、口臭がするようになるなど。
 腎は液を主り、その中でも唾を主りますから、唾液が出なくなってくるのです。

5.腎の主る所の足・腰の弱り、開竅する耳の聞こえが悪くなります。

6.筋力が低下します。足を上げる力である「志」の力が弱くなるので、
 一寸した段差でつまづきがちになります。

7.新陳代謝が衰える為に、寒がりで浮腫みがちになります。その為に体重が増え、
 低体温になり、夜、トイレに行く回数が増えてきます。

8.根気が続かなくなり、細かい作業が苦手になります。

9.元気が衰えてしまうので、性格が暗くなります。一見穏やかですが、時に爆発。
 前向きの考えが出来ません。腎の志が弱っている為です。

10.「恐」怖心が強く、新しい環境に中々慣れることができません。

上記の様な不定愁訴をお持ちの方は多いと思います。一昔前までは、
「腎虚」と言えば「お年寄りの方」が多かったそうですが、
今では若い人達にこの「腎虚」が広がっていると言います。
夜更かし、不規則な食生活、冷暖房の効いた暮らし易い生活などが、
その人の本来持っている「生きる力」を
弱めているのではないでしょうか。


では、好漢医学林の先生の講義・資料から、「腎」について私が感じた事、
教えて頂いた事などを書いて行きます。

☆腎の生理☆
1.腎は精を蔵志し、生殖・成長発育を主る。 
 《素問上古天真論》では、女子は7歳、男子は8歳の倍数が成長・生理の転機となっています。

2.腎は命門を主る。 
《難経36難》では、左を正腎、右を命門としています。「命門は先天、後天の神精を
 舎(やど)す所、原気則ち、三焦の原気の拠り所であり、命門腎は三焦之原気が
 栄衛と共に循って生命力を与える根源地である。又男子は精液を蔵していて父母交合の際 
 母の子宮にもらして子孫を作り、女子に於いては此の命門に子宮はかかっていて、
 父母の両精妙合して此の子宮に宿り発育するのである。
  
 斯様に命門は生命力と、人体の生活減少を続けさせる原気の拠り所であるし又、
 子孫を作る精と子宮を抱えている大切な右腎である」。子供の生まれ出てくる子宮を
 含めて「命門」、命の門、と名付けたのは素晴しい古代の人たちの知恵であると思います。

3.腎は水の臓で排泄作用と二陰を主ります 
 前陰は尿道を指し、後陰は肛門をさします。これは腎と大小便の関係をさしています。
 腎は水を主るので、これは水液の代謝を管理し、またこの機能は命門の火の気化機能と
 関係しているのです。腎の機能が正常ならば、水液の分布と排泄は正常なルートを
 辿りますが、大小便の利、不利は腎と密接に関係してきます。
 
 例えば、腎水の不足は大便の乾燥秘結、或いは小便の量が少なく、
 命門の火の不足は 泄瀉或いは小便不禁などの病症を起こすのです。
 この事から、腎陽は排泄作用を、腎陰は保持作用を有している事が解かります。

4.腎は五藏六府の精を蔵す。また骨を主り、骨髓を生じ、脳に通じます。 
 髄は腎の精気の化生するところにより、骨格を滋養します。
 髄は脳に通じ、脳は髄海となります。ゆえに骨、脳の成長発育と機能活動は、
 腎気の盛衰に関係があるのです。《素問逆調論》「腎生ぜざるときは、
 髄は満ちることあたわず」
 
 腎は五藏六府の精を蔵する為に、腎の不調により腎精の根本が無くなると、
 各々の五臓に必要な精を分配できなくなってしまいます。それで、腎虚の時には、
 肺―(空咳・盗汗など)、肝―(立ちくらみ、眩暈など)、心―(動悸・不眠・健忘など)、
 脾―(下痢、四肢厥冷など)の他の臓腑の症状を引き起こすことがあるのです。

5.腎は作強之官、技巧出ず《素問霊蘭秘典論》 
 実際には、作強之官という官職はありません。作強の作とは、動作或いは工作、
 強とは作に応じる事が出来るという意味です。ですから、腎がしっかりとしていれば、
 強力な力を出す事が出来、重労働に耐える事が出来、細かい作業を根気強く
 続ける事が出来る、という意味になるのです。よって、腎気が旺盛で、
 精が満ち髄が充足して居る者は精神健全で、技巧俊敏であるばかりでなく、
 筋骨も強健で動作に力があるのです。逆に、腎気が虚している者は、
 腰に力が入らず、骨が弱く、精神は疲れやすく、物忘れしやすく、
 動作に力が無く緩慢となってしまうのです。

6.腎は志を蔵す《素問調経論》 
 志は古くは誌に通じ、記憶力を指します。脳と髄は共に腎精が変化したもの
 であるので、腎虚の患者は健忘症の者が多いのです。
 『志』とは、足を前に出そうとする意志力とも言われており、
 身体を動かそうとする意識を主ります。

7.腎気虚せば厥冷し、実すれば腹満し、燥を悪(にく)む
 腎気が虚すると、手足に気が巡らずに逆上して冷えが上がってきてしまいます。
 四肢厥冷と言い、湯液では四逆湯がこれを救います。
 
 腎実は無いと言われているので、腹満に関してはわかりません。
 「腎実」…腎気が実すること。《霊枢本神篇》「腎は精を蔵す。精は志を舎(やど)す。
 腎気虚するときは厥す。実するときは脹す」とあります。
 
 燥を悪む《素問宣明五気論》に載っており、腎は水臓であり、蔵精を主り、
 津液を主るので、乾燥すると陰津が傷られ、腎精は損耗し、甚だしければ
 骨髓は枯渇してしまうので、乾燥を嫌うとされています。

8.腎虚の熱証(=虚熱)=腎陰虚=陰虚火動 
 大変な虚証の状態であるのに、発熱があります。これは腎陰が傷られた為の
 虚熱です。腎気が虚していますから、手足は冷えているのに、発熱します。
 腎水が心熱を押さえられない為に出る熱なので、顔がすすけたように
 黒ずんでくるのです。常に熱っぽく、動悸がします。また、熱がありますから、
 体臭があります。腎水が少なくなって腐れ臭い臭いになるのです。
 この状態は身体にとっては大変な事です。三焦の熱でかろうじて生きている
 というような状態ですから、決して下熱剤を使ってはなりません。


一寸、長くなりましたが、「腎虚」のイメージを自分なりに、
先生の講義と種々の文献から書いてみました。
細かくて読みづらいかも知れませんが、
字を拡大して、読みやすい大きさに変換して読んで頂ければ、と 思います。

では、次回から経脈篇に入ってゆきたいと思います。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

驚きです。

良くマトメられています。
素晴らしい能力ですね。
しかし、これは身体に障りますよ。
卒業するまでは、程ほどにしないと、命をすり減らしますよ。
腎の精は慎重に、大事に使ってください。

好漢医学林 | URL | 2010/11/09 (Tue) 21:23 [編集]


好漢医学林・先生へ

いつもご心配をお掛けします。
最近は一寸頭を使って、
毎日、少しづつワードに書き溜めておき、
コピペするだけにするように、工夫しております。

矢張り、養生が無ければ、健康は望めません。
治療して頂くだけでは、あまりに申し訳ないので、
日々、生活も工夫して疲れ過ぎないように、
努力しています。

いつも、素晴しい講義と治療をありがとうございます。

白い月の風 | URL | 2010/11/09 (Tue) 21:35 [編集]


http://www.wwabg.com/

靴 通販

モンクレール アウトレット 御殿場 | URL | 2013/09/15 (Sun) 18:41 [編集]


http://www.earneasymoneyworldwides.com/その他-asd6-12.html

ルイヴィトン 価格

ルイヴィトン バッグ | URL | 2013/10/23 (Wed) 10:38 [編集]


http://www.uppoacent.com/mizunoミズノ-レディースシューズ-hth7896-1_14.html

ミズノオンラインショップ

ミズノウェーブ | URL | 2013/11/14 (Thu) 21:42 [編集]


http://www.wianbmil.com/レディースシューズ-テニス-ut0o-1_14_15.html

ミズノ グローバルエリート

楽天 ランニングシューズ | URL | 2013/11/15 (Fri) 20:29 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。