癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古典を読む

今日は日曜日。

久しぶりにゆっくりとのんびりできた、一日でした。

ここの所、体調を落として、

寝込んでいる休日が多かったので、嬉しいです。


私は今、北千住にある経絡治療・好漢医学林で、

勉強をさせていただいていますが、

経絡治療という鍼灸の流派は、「古典」に拠っています。

特に、『素問』、『霊枢』、『難経』、『傷寒論』が、

大きな基本となる古典です。


今日はその内の『難経』の江戸時代の解釈、

「岡本一抱」という人による解釈、『難経本義諺解』を

とつとつと読んでいました。


好漢堂の先生にも、素読を指導して頂いているのですが、

自分達でも、出来る限りの努力をしようと、

今週から、毎週木曜日に、『難経の研究』という、

昭和30年代の本を仲間内で読む事に決めました。

一日も早く、良い癒やし手になれるように、

最大限の努力をしたいと思います。


願わくば、この手がいつか、誰かの光となりますように…
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。