癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

# 古典素読会でした~♪ 肺経是動病、所生病

今日は週で一番エスペシャリィな火曜日。

好漢医学林の先生の講義の日&月に2度だけの古典素読会の日でした

風邪で病み上がりの身体に、十全大補湯で力を補いつつ、しっかり参加して来ました。

矢張り、「これを学びたい!」「この為に今、生きている!」という気持ちが、

自然と自分の中のモチベーションを上げて、気力もアップします。

こんなに夢中になれるものに出会って、私は今、最高にしあわせです。


さて、先日、肺経の経脈篇をまとめました。
今日は、肺経の是動病、所生病について、原典と、読み下し、意訳を書こうかな、と思います。

その前に、是動病、所生病って、一体何者?と言う所から入りましょう。

是動(ぜどう)…是動は気である。邪が気にあればこれが為に動く。
是動所生病(ぜどうしょせいびょう)…経絡病候と経穴主治の総称
是動病(ぜどうびょう)…経脈病候の一種。経病ともいう。
   1.経脈の循行経路の病症。例えば、手の陽明大腸経において、
    歯痛頸腫は是動病である。
   2.経脈の経気の変動によりその経と密接な関係のある臓腑に引き起こされる病症。
    例えば、手太陰肺経では、「肺脹満し、膨膨として喘咳す」がこれであり、
    また、足少陰腎経は仁より上って肝膈を貫き肺中に入っているので、
    「咳唾すれば則ち血あり、喝喝として喘す」となる。これらの場合は、
    いずれも肺という臓腑次代に原因があるのではなく、経脈より引き起こされた
    ものであるので、是動と称され、その経穴により治療する事ができる             
          《霊枢経脈篇》参照
    《難経22難》「是動とは気也。所生病とは血也。」

所生病(しょせいびょう)…経脈病候の一種
   1.経脈の楽する臓腑自体の病症を言う。例えば手太陰肺経の所生病は、
    咳・上気・喘息・口渇・心煩・胸満がそれである。
   2.臓腑の病がその所属の経脈に波及し、経脈の流れに沿って発する病症をいう。
    例えば手太陰経の所生病は臑臂の内前廉が痛み厥し、掌中は熱する。
    その病は一般に本臓腑より生じた所のものであり、経脈より伝来したものではないので、
    所生(生ずる所)と名付けている。《霊枢経脈篇》参照

この説明は、漢方用語大辞典から引っ張って来ました。

ですから、是動病は経絡中から発する病で、その経絡を使って治せる、まだ浅い病だという事で、
所生病になると、その経絡を主る所の臓腑まで病んでいるので、治療するのに時間がかかる
という事になりましょうか。

(是動病・原文)


(読み下し)
是れ動ずればすなわち病、肺脹満 膨膨(ぼうぼう)として喘咳し缺盆の中痛み、
甚だしければ則ち両手を交えて瞀(ぼう)す。
これを臂厥と為す。

(意訳)
この(手太陰肺経)が動じると、胸が満ちてきて、咳をする。上気・少気・短気が生じる(=喘息)
缺盆の中が痛くなる程咳をして、それが酷くなると胸が腫れたように感じるから、
胸を抱えたくなってしまいたくなるような状況となる。咳が酷く息が吸えないので、
一過性の脳貧血状態になってめまいが起こった様に感じる。
上記の様な症状が起こった時には、上腕、つまり手太陰肺経の逆上と考えて、
肺経の気の流れを正常に調節してあげる事で、良くなる
(所生病・原文)
是主肺所生病 咳上気 喘渇煩心 胸満 臑臂内前廉痛 厥掌中熱

(読み下し)
是れ肺を主として生じる所の病は、咳す 上気す 喘す 渇す 煩心す 胸満す
臑臂の内前廉痛む。 厥して、掌中熱す。

(意訳)
肺を主として病が生じると、なかなか治らず、治すのに時間がかかってしまう。
咳が出る、のぼせる、ぜいぜいする、咽が渇く、動悸して胸が満ち腫れたようになる。
前腕の手太陰肺経の流れている部分が痛む。
逆上して、掌の中が熱くなる。
ここまで病が進むと、肺陰虚証にまで陥っています。
瀉法は決して使ってはいけません。徹底して、補法をして気を中に入れてあげます。
太陰経は多気少血ですから、気が多いので気の流れをしっかりと調節してあげるのです。
時間は掛かるかもしれませんが、治ります。根気よく気の流れを整えてあげる事です。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。