癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いきなり冬!

急に寒くなりました。

今朝は寒くて、お布団から出るのが大変でした。

まだ、10月なのに~

今年の冬はエルニーニョ現象だとかで厳冬になるそうです。

寒い時には、体を温める工夫をしましょう~


暖かい物をお腹に入れる、が、基本になります。

私の場合は、お腹の中まで冷えてしまっているので、

寝る前、起床時に「通脈四逆湯」を飲むようにと、

主治医から指示されています。

これは、漢方薬ですので、誰でもが飲める、という訳では無いので、

薬ではなく、身体を温めよう~を、提案します。


重ね着をしましょう~。

厚いセーターを一枚着るより、薄地のものを数枚、重ねる事で、

空気の層が幾層にもなり、より暖かく過ごす事ができます。


暖かい飲み物を工夫しましょう~。

紅茶にショウガをすりおろした物を入れて生姜紅茶にすると、

とても身体が暖まります。

紅茶、緑茶、中国茶などの数種類のお茶を混ぜて飲むと、

身体を暖める作用が強くなるそうです。

これは、それぞれの製造方法が違っているからだそうです。

寝る前に、ホットミルク一杯で、良く眠れると言いますが、

身体の弱い人は、紅茶や麦茶などで薄めてホットミルクにしてください。

胃酸でタンパク質が固まり、翌朝、胃が痛くなるのを防ぎます。


食べるものも、暖かいものにしましょう~。

特に、冬は、根っこのものを食べましょう。

地上にあるものは陰性が強く、地中にある者は陽性が強いのです。

人参、ごぼう は、特に深い根っこになるので、陽性が強く、

身体を温める作用が強いです。

梅干などの塩分が強いものも、身体を温めます。

が、天然の塩を使ったものに限ります。


最近は、梅干と言っても「甘味」のある物が多いですね。

砂糖は身体を冷やしますし、人口甘味料に到っては、最低です。


陰陽調理和法という調理法方があります。

陰の強いものを下に、陽の強いものを上に重ねて、煮るという方法です。

海藻、キノコなど陰の強いものを一番下に、

次に葉っぱもの、

次にイモ類、

次に根菜類、

一番上に、陽分の強い肉や魚を乗せて、重ねて煮るだけです。

調味料は天然塩だけで充分、美味しいですが、

天然醸造の醤油だともっと美味しいです。

この調理法方だと、簡単に陰陽のバランスが取れた食事を取る事が出来ます。






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

冬には

冬野菜と温かいものを食べないと本当に体が冷えてしまいますね。
私は修行生活に入る前までは、このことに全く気付きませんでしたが、真冬に裸足の修行生活をする中で、その大切さを身にしみて味わいました。

寒さ厳しい冬になりそうですね。
お互い身体には気をつけて過ごしましょうね。

建岳 | URL | 2010/10/28 (Thu) 22:03 [編集]


台風14号

今朝は寒さで目が醒めました。
凄く雨が降っています。
台風の影響ですね。

これからは鍋の季節ですね
陰が強いのを熱い鍋の底で温めるのですか、
海草やキノコが陰が強いのは知りませんでした。
消化されないので陰が強いのですかね?
そうなれば山薬は陰中の陽だから
生で食べるのですかね。

好漢医学林 | URL | 2010/10/30 (Sat) 06:23 [編集]


健岳さんへ

そうですね。
暖房が効き、暖かい生活が当たり前になっている
現在の生活の中では、
折角の「生活の知恵」も薄れていく一方の様に感じています。

修行生活、本当にお疲れ様です。ご苦労様です。
たった1週間の「大接心」を体験しただけでも、
私にとっては大変な苦労でした。
冷え症に素足は、大変辛かったです。

あと1か月で「ろうはち接心」ですね。
私も1日でもいいから、坐ろうと思っています。
それには、矢張り、暖かい食べ物は必須ですね。
身体に気をつけて、がんばってください~。

白い月の風 | URL | 2010/11/01 (Mon) 16:32 [編集]


Re: 好漢医学林・先生へ

好漢医学林・先生へ
ここ四日間、早くも冬眠しておりました。
風邪から、少陰病まで落ちこみ、
最初の麻黄附子細辛湯は良かったのですが、
その後の対処が間にあわずに、
あっという間に少陰病に落ち込み、
「だるい」「何もしたくない」状態でした。
目を開けている事すら辛く、ひたすら眠りこけた
4日間。

普段の疲れも出たのかもしれません。
体質的なものが大きいと思いますが、
通脈四逆湯で何とか復帰しました。

友人が届けてくれたブラウニーというお菓子が
とても美味しくて、
お腹に食べ物を入れた、という事が回復に
大きく影響した様に感じました。

矢張り、中焦から脈が始まっている、
この事実を真実として受け止めることが出来ます。

ただ病むだけではなく、其処から学び取れる何かを
自分なりに感じられれば、それで良し、と
したいと思います。

私が持っている食物の陰陽表では、
きのこ、海藻は陰になっています。
陰陽調理和法では、陽を上に、陰を下にすることで、
陰陽の交流を計り、陰陽のバランスを取る、
そのように捉えています。

白い月の風 | URL | 2010/11/01 (Mon) 17:41 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。