癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

老師の下で

昨日は一昨日に引き続き、佐々木玄宗老師にお逢いしに、

練馬の道場へ伺っておりました。

兄弟子で、漢方の師匠である主治医、T医師が、ある雑誌で対談、

その様子が再来月の「phil漢方」という、クラシエという製薬会社が発行する、

雑誌に載るという。その対談の為に東京に行くから、その折に

「佐々木老師の所へ伺うから、白い月の風も来なさい」と、お誘いを受け、

喜び勇んで、出かけて参りました。


帰りが遅くなるであろう事を予測して、(下手すると、最終に間に合わない)

久しぶりに約50キロの道程にハンドルを握った。

加須インターから東北道に乗り、浦和インターを越して、

大泉方面、練馬の出口を目指してひた走る。

もう、2年程も、長距離を走った事が無かった。

家と専門学校との往復だけが生活の全てだった、この一年間。

その前の年は、前期の期末試験を受けられずに、「慢性疲労症候群」に倒れ、

3ヶ月間に渡っての入院加療が必要だった。


色んな思いが頭を過ぎり、見覚えのある風景に重なってゆく。


ハンドルを握って約1時間半、無事に老師の下へ到着。

既に、4合瓶を2/3程もお二人で開けていらして、和やかな雰囲気。

よくぞ、この主治医に出会えたもの、そしてその縁に従って、

佐々木老師に、横田観風師に出会えたもの、と感謝しながら、席につくと、

秘蔵のシャンパンをあけて下さって、私の「鍼灸師国家試験」合格を祝って下さった。



禅の話から、世界状勢まで、今、難航している原発災害について、

どんどん話が押し出されて、余程集中していないと、このお二人の話には

ついてゆけない。

禅の根底には「衆生無遍誓願度」という、「願い」があり、

また、それは、お釈迦様の煩悩でもあったわけですが、

私たちはその縁に従って、主治医は医師として、私は鍼灸師として、

「この苦しみ(肉体的、或いは精神的)を、どうにかして欲しい」と、

苦しんでいる人の為にこの手があるのだと、自分の限りを尽します。

その想いを、根底から支えてくださるのが、佐々木玄宗老師です。

私も、兄弟子のT医師も、佐々木玄宗老師ゆえに、

命を投げ出しででも「救いたい」という、誓願を持って、治療に当たるのです。

老師は、「あなたの為に、私は死ねる」という気持ちで、

全てに望みなさいと、私達を導き、鼓舞されます。

そして、老師ご自身が、「T医師の為にでも、私の為にでも、

いつでもこの命を投げ出せますよ」と、仰って下さいます。

病む人は、これ程、近しく接してくれる治療者なら、全てを預けられると、

思うのではないでしょうか。

健康なT医師も、私も、「この人ゆえに」という、老師が居て下さるからこそ、

自分という意識が保てるのです。病む人に全力で当たれるのです。


昨日の話の中で、今回の東日本大震災の話題が当然、中心になりました。

老師が仰った中で、一番印象に残り、なお且つ、

「是非、ブログで公表してください」と、お話なされたのが、

「寄付」についてのお話でした。


孫氏が、今回、100億円の寄付と、今後の自分の貰うべき給与分全てを寄付すると、

公表した事に関して、

「孫氏の自己資産は、6800億円ある。

 その内、100億円寄付したとしても、自分の手元には6700億円の資産が

 常にあるのだ。今後、無収入だとしても、彼の生活には全く支障はないではないか。

 また、100億円という金額を寄付する、と公言した時点で、既に、それは

 「徳」ではない。売名行為に陥ってしまう。
 
 もし、逆に、孫氏が、手元に100億円を残したのみで、6700億円を

 寄付したというのなら、陽徳として、高く評価する」

 
 「今、1400兆円の資産を持つ日本人が、何人いるか、知っているか?

 「100万人」というのが、その答えだ。

 そういう人に限って、自分かわいさに、売名行為をするか、
 
 自分にとって、全く痛くも痒くもない金額を寄付するのだ」


「禅の真髄は不惜身命。自分の命を投げ出しても惜しくないという、

 真剣さが必要。金持ちに限って、この真剣さが足りない。」

等等。

全く、仰るとおりで、本の少しのお金を寄付しただけで、

それ以上、突っ込んで行けない自分を歯がゆく思いました。


今、加須市に避難して見えている双葉町の方々に鍼灸の奉仕をしたいと、

行政に働きかけていますが、お役所仕事の行政は、全くと言って良いほど、

動いてくれません。

「要請」が無ければ、ボランティアとして、入れないのです。

確実にニーズがあると、解かっているのに、それが行政には伝わりません。

「自分=他の人」という気持ちがあれば、

もっと潤滑に動いて行くのに…と、残念でたまりません。


佐々木老師、T医師との話し合いの中で、強く、強く、思った事でした。










スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ステキな出逢いがあるのも自分次第だと思いますので
こんなにすんばらしひ方々と出逢ってらっしゃる
白い月の風様も、負けず劣らずすんばらしひ方なのだと。
人を動かすのは人だなあ~
と、しみじみ感じ入りましたデス。

猫田ぼーいち | URL | 2011/04/12 (Tue) 23:57 [編集]


お~~~。
猫田さんの、コメントもすばらしい!
その通りだと、思います。

大変な状況を、どう捉えて、自分の足元をかためて、自分が出来る事、チョイスしていきたいです。

家の母・・・80歳。手術後、自分で米5キロ買いに行く。「笑ってなさい!笑ってれば人は集まる。寄ってくる。先の事は・・・先に考えればいい!」

いや~~~。
まだまだです。

omi | URL | 2011/04/13 (Wed) 09:04 [編集]


Re: 縁

>猫田ぼーいちさま
ありがとうございます~☆
本当に、申し訳ないと思う程、素晴しい出逢いばかりで、
私なんかで良いんですか?っていう位です。
師匠お二人に大分鼓舞されてまいりましたので、
私も、自分の出来る限りで頑張れるよう、
努力したいと思います。
出会えてよかったと、思って頂けるように、
精進いたしますです。はい。

白い月の風 | URL | 2011/04/13 (Wed) 21:18 [編集]


Re: omi*さんへ

ホント、コメント頂けると嬉しいですが、
この所、硬い話が続いていて、コメントしづらかったと思います。
そこに、ありがとうございます。

お母様、80歳ですか。手術後の体で5kの米って…
強いですねぇ~!

笑う角には福来るですね!
笑顔で日々の治療、がんばりまっす♪

白い月の風 | URL | 2011/04/13 (Wed) 21:21 [編集]


薫風堂

開院おめでとうございます。
素晴らしいことですね。

京都からだと、なかなかお伺いできませんが、ぜひ一度、鍼灸をお願いできないものかと思っています。
信頼して、安心して気持ちよく鍼灸を受けたいです。

それこそ、縁があれば叶うかもしれないと期待しています。

junko | URL | 2011/04/14 (Thu) 21:24 [編集]


Re: 薫風堂

>junkoさんへ
> 開院おめでとうございます。
ありがとうございます。
念願叶って国家試験に4年がかりで合格、
本当に、やっと、取れたので嬉しいです。

> 素晴らしいことですね。
はい。そう、思って頂けるような治療が出来るよう、
日々、努力しております。

> 京都からだと、なかなかお伺いできませんが、ぜひ一度、鍼灸をお願いできないものかと思っています。
> 信頼して、安心して気持ちよく鍼灸を受けたいです。
>
> それこそ、縁があれば叶うかもしれないと期待しています。
はい!いつか、京都に伺う事があれば、是非ご連絡させていただきますねっ。
本当に、「ご縁」がある事を、私も期待しております☆

白い月の風 | URL | 2011/04/14 (Thu) 22:00 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。