癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

経絡治療勉強会

今日は月に一度の勉強会

物凄く楽しみな一日であり、物凄くモチベーションが上がる日でもあります。

今日は私が一寸風邪気味なのと、角膜炎を起こしていて調子が出ないので、

受け持っている講座を外していただき、先生の講義から入りました。


今日の勉強は、「肺虚証」と言って、

そうですね~、丁度、竹久夢二の描く「美人」のようなタイプを

想像して頂ければ、イメージが湧くでしょうか。


細身で弱弱しく、思わず、「守ってあげたい!」と、思わせるような感じです。


風邪を引き易く、低体温症で、呼吸が浅く、少ないのが特徴です。

呼吸が浅くて少ないという事は、取り込む酸素量も少ないので、

身体の中での燃焼力も少なくなるという事になり、寒がりです。

いつも、冷えと寒さに悩まされて、ひざ掛けやカイロが手放せません。

寒がりなので、身体を守る為に、うぶ毛が多く、愚痴っぽいです。

ここまでは、「守ってあげなくちゃ!」と、思わせるのですが、

それは外見だけで、実は芯がしっかりしていて、頑固者です。

自分が正しい!と言ったら、絶対曲げない、自分を強く持っています。


今、大河ドラマで、「龍馬伝」をやっていますが、

龍馬の名前の由来が、背中に馬のたてがみの様にむく毛が多く生えていたそうです。
(後輩からの情報)

もしかしたら、龍馬も、「肺虚」の陽証だったのではないかと、余談に話が弾みました。


古典に、「冷飲すれば形冷ゆる」という一節があります。

冷たいものを飲むと、食道を通る時に肺がキュンと冷えて、それが大腸まで伝わって、

冷え症による下痢をしてしまうよ、という事であります。


大腸が冷えると、お腹が冷えます。

お腹の中が冷えると、身体も冷えます。

だから、寒がりになるのです。冷たいものは厳禁です。

冷えると、身体の基礎代謝量が落ち、体内に水分を多く溜めるようになります。

肺は皮毛を主(つかさど)りますので、皮膚の浅い所に多く水を溜め、

湿疹、アトピーの原因となります。

体内の水分量が多くなり、冷えますので、尿の色が薄くなります。


また、肺は鼻に開竅(かいきょう)と言って、鼻にその気が通じて、出入りしますので、

鼻水が出たり、くしゃみをしたり、気が上せると衂血(鼻血)が出たりします。

太陰の経絡が多気少血と言って、「気」が多いので、のぼせ易いのです。

のぼせて、それが炎症を起こすと、鼻炎になります。


背中に、「魄戸(はくこ)」というツボがありますが、

ここは、呼吸の出入り口で、気管支の反射が多く現れる処です。

硬結が現れたり、肩甲骨の間が狭くなったりしますが、ここに強い刺激を与えてはダメです

硬結に直接鍼を打ってしまうと、表位(頭部=首、肩周り)に熱が集ってきてしまうのです。


古典では肺は「相傅(そうふ)の官」と言って、君主(心臓)を助ける役割をいたします。

心臓は常に動いていますので、熱を発するので、これを冷やす、ラジエーターの役割をしたり、

五臓といって、他の臓腑の働きを統括する役目を負っています。


肺は皮毛(ひもう)と言って、皮膚とうぶ毛をつかさどっています。

常に汗をかいている状態を「自汗(じかん)」と言いますが、

これは、表面を汗で濡らす事によって熱を発散するので、自分の中の熱を下げようとしている状態です。

湊理(そうり)と呼ばれる、毛穴が開きっぱなしで、どんどん熱を発散しています。

それで、汗をかいた後は、すっかり冷えてしまって、寒くなるのです。


一寸長くなりましたが、この辺りまでが、「肺経」の病症です。

明日は、肺経の経絡と、その解釈を書きたいと思います。


集中して勉強している途中で、お昼が入ります。

いつも、先生がご馳走して下さいます。

今日は写真が撮れなかったので、来月にまた…


おやつも先生の差し入れです

今日は、鯛焼き? 金魚焼き?と言う位、可愛い鯛焼きでした~

金魚焼き

ね?! 可愛いでしょう?
普通の鯛焼きとは違い、明らかに形が、現代風~です。
あまりに可愛くて、食べるのが可哀相な位でした~
でも、とっても、美味しかったです(結局、食べた…)

講義が終了した後は、治療の実技に入り、

一人ひとり、脈を摂り、腹証を診、背中を診、「証」を診断します。

経絡治療では、この「診断」が大切なのです。

診断→即、治療 です。

証が決まれば、使う経絡とツボが自ずから決まってきますので、即、治療が出来るのです。

今日は7人が集りましたから、先生を含めて、8人の証立てをし、治療実技をした事になります。

治療して頂くと、私の、バリバリの背中さえ弛み、とっても楽になります。

これだけ治せて、初めて治療だと言える!そう、叫びたくなる瞬間です。



勉強会が終了してからも、お茶を頂きながら、話が弾み、

解散したのは19時頃でした!!

それだけ、皆さん、勉強熱心で、先生のお話も有意義で面白いのです。


先生、遅くまで、ありがとうございましたm(_ _)m

集ったメンバーの皆様も、お疲れ様でした~





スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

素晴らしいですね。

素晴らしい理解です。
既に肺虚証を自分の物にしましたね。
1を聞いて10を知るの状態ですね。
これで安心して次の講座に進めそうです。
しかし体調を考慮すながら来てください。

好漢医学林 | URL | 2010/10/24 (Sun) 22:42 [編集]


好漢医学林・先生へ♪

> 素晴らしい理解です。

ありがとうござますm(_ _)m

> 既に肺虚証を自分の物にしましたね。
> 1を聞いて10を知るの状態ですね。

いえ、まだまだ、勉強の積み重ねです。
何度伺っても、先生の講義は新鮮で、生ものです。
如何に噛み砕くか、常々、日々、勉強です。

> これで安心して次の講座に進めそうです。
> しかし体調を考慮すながら来てください。

ご心配、ありがとうございます(*^_^*)

身体と良く相談しながら、しっかりと
学んで行きたいと思います。

それにしても、早く免許が欲しい~v-238です。

白い月の風 | URL | 2010/10/24 (Sun) 22:47 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。