癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

卒業に寄せて

いつも私は、何か機会があると、

「世の片隅を照らす光でありたい。」と、書いてきました。

明日は待ちに待った卒業式。

懲りもせず、書きたいと思います。

今日はあえて一寸形を換え、「立志照隅」という言葉を書きたいと思います。

昭和14年発刊、『修身教授録』より。


『人間が志を立てるということは、いわばローソクに光を点ずるようなものです。

 ローソクは、火を点けられて初めてその人の真価があらわれるのです。
 
 同様にまた人間は、その志を立てて初めてその人の真価が現れるのです。

 志を立てない人間というものは、いかに才能のある人でも、結局は

 酔生夢死(すいせいむし)の徒にすぎない。』



野心と志の違いについては、こう説く。


『野心とか待望というものは畢竟(ひっきょう)するに自己中心のものです。

 則ち自分の名を高め、自己の位置を獲得する事が其の根本動機となっている。

 ところが真の志とは、この二度とない人生をどのように生きたら

 真にこの世に生まれてきた甲斐があるかという事を考えて、

 心中に常に忘れぬということでしょう。

 結局、最後は世の為人の為にと言う所がなくては、

 真の意味で志とはいいがたい。』



立志照隅―――志を立て、自分の居る場所を照らす、
             換言すれば、其の場になくてはならぬ人になる、ということである。
             最も身近な自分の居る場とは、自分という場に他、ならない。

 
 自分と言う場所を照らす、それがそのまま周囲を照らす光になる。
 
 私は、立志照隅の人生を歩みたい。



 
明日は、その心持ちで卒業式に望みます。






スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

卒業して、立志照隅の人生を、スタート、するんですね!

獏も、その考え方、応援します。

卒業おめでとうございます(=^・・^=)

淨太郎 | URL | 2011/03/09 (Wed) 22:56 [編集]


卒業おめでとうございます。

「立志照隅」
白い月の風さんが言われると説得力がありますね!

白い月の風さんに
多くの方が救われる姿が目に浮かぶようです。

これから始まるのですね!

建岳 | URL | 2011/03/10 (Thu) 19:15 [編集]


>淨太郎さんへ
はい!
立志照隅の道。
簡単ではありませんが、
せめて、私の施術で「安心」して頂けるように、
日々、励みたいと思います。
ありがとうございます。

白い月の風 | URL | 2011/03/13 (Sun) 22:02 [編集]


>健岳さんへ
私が言っても、まだまだ説得力に大分欠けますが、
せめて、「ああ、楽になった」「また来たい」と、
思って頂けるような、確実な技術と、精神力で、
来てくださる患者さんに対応して行きたいと思います。
開業はまだまだ先、まずは出張鍼灸師からの出発です。
頑張ります!

白い月の風 | URL | 2011/03/13 (Sun) 22:05 [編集]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。