癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

明日から

皆様、お久しぶりでございます。

寒かったり、暑かったりの日々ですが、体調は如何でしょうか?

年度が替わって、色々と忙しく、ブログも放置プレイでした。

お陰様で、元気に仕事と勉強会に走り回っております。

今週の始めには「いやしの道協会」主催の、『傷寒論』の講義があり、

『小柴胡湯』の勉強をして参りました。


小柴胡湯は、西洋医学の病院でもよく使われる、

最もポピュラーな漢方薬の一つで、少陽病に使われます。

少陽病とは、外位に邪熱がある病症を言います。

病症で言うと、胸脇苦満、口苦、目弦(もくげん…めまいの事)、などがあります。

何故、その様な症状が起こるかというと、胸部の熱が上衝するためです。

また、胸脇苦満が起こる訳は、熱と体力とがせめぎ合いをしている為です。

マラリアが、その典型です。


という様に、鍼灸師こそ、『傷寒論』を読もう!という、勉強です。

『傷寒論』は、本来、湯液(漢方薬)の本ですが、

それを、横田観風先生が邪気のあり方や、その経過を明らかになさった、

『傷寒論真髄(横田観風著)』という本をテキストに、

先生自らが、講義なさるという、贅沢な勉強時間です。


さ、明日は東京は駒込にて東京接心会があります。

夜、遅くなる勉強会なので、体調万全で望まなきゃ。頑張りま~す!





スポンサーサイト

PageTop

初めての場所

今日は良いお天気で、暑い位でしたね。

電車で出かけたのですが、驚いた事に、エアコンが効いていて、寒い位でした。

今日は都内に住む、娘の家を訪問。

家を出て、しばらく経つのに、一回も訪問した事がなかったので、

珍しく、平日に休みだと言うので、会いに行って来ました。

風邪で声がガラガラだったので、仕事を休ませてくれたそうです。

O駅から、歩いて3分。走って2分の所に住んでいるので、

普段、歩きつけない私でも、楽に辿り着けました。

ただ、池袋の構内では、乗り換え駅が分からず、駅員さんに教えて貰って、

無事に乗り換えが出来ました。田舎者には、ああいう場所は分かりづらい!

着いて早々、お昼を食べに、商店街へ。

なかなか活気のある商店街で、見るだけでも楽しかった~

食べたいものを尋ねると、「焼肉か、回転寿司!」と、答が返ってきたので、

探したのですが、焼き肉屋さんは、ランチタイムは、定食になってしまうんですね。

そこで、回転寿司屋さんで、食べたいだけ食べ、娘は昼間から日本酒とビールを…

随分久しぶりに、顔を見て話し、楽しい時間でした。

うん、やっぱり、顔を見て話すって、大事だよ。

これは、患者さんにも言えることで、目と目を合わせてお話するのが大事、と、

改めて思いました。

楽しい時間は瞬く間に過ぎ、娘と一緒の時間も、もう、お終い。

また今度、会えるのは何時になる事やら。

ま、元気でいてくれれば、親は、それでOKです。









PageTop

歯が痛い~

久~しぶりにむし歯が出来て、

とは痿っても、もう、1か月以上前から気づいてはいたんだけれど、

痛さに耐え切れず、観念して、歯医者さんへ行って来ました。

かなり、進行した虫歯で、もちろん!麻酔をかけて、削ってもらいました。

神経に極近くまで進行しているということで、

もしかしたら、神経を抜く事になるかもしれないそうです。

(きゃ~、こわい~!)

この歳になるまで、歯の神経は抜いた事、無いんです。

少しづつ、治療しながらも、全部自分の歯ですし、

何しろ、歯医者さんが怖い。

でも、今日は勇気をものすごく出して、行って来た自分に拍手。

針灸治療なら、身体が楽になるけれど、歯医者さんは駄目だな。

あの、キュイ~ンという音を聞いただけで緊張しちゃう。

次回は、20日の土曜日だそうだ。

削った歯、痛いし、今から怖いな…


PageTop

今日は金曜日

金曜日、わくわくする日です。

週末だし、その週末には勉強会が入っていることが多い。

今週は勉強会は入っていませんが、

来週、第3日曜日には、横田先生の傷寒論講義が聞ける日~!

私もブログ係の一員なので、しっかり聞いて、原稿を書かなくてはいけません。

その為にも、来週の講義予定、「小柴胡湯」の部分をしっかりと読んでいる所です。

う~ん、鍼灸師に湯液(とうえき・漢方薬のこと)?と、思われるでしょうが、

漢方薬的な身体の見方をして、それを治して行くのが、いやしの道流なのです。

だから、漢方薬の事も、しっかりと勉強しなければいけません。

明日、明後日は、特に予定も入っていないので、

久しぶりにゆっくりしようと思います。

勿論、「傷寒論真髄」を片手にね。


今朝は霜が降って驚きました。

明日も同じ様な天気のようです。

今、主人がビニールハウスの天井を閉めに行きました。

今朝は車のフロントガラスが霜でガリガリでしたから、

野菜の苗達も、きっと寒いだろうと思います。

春は、野菜苗を栽培している我が家。

生き物を相手にするって、大変な事です。

毎日、気が抜けません。外出も思うように出来ません。

でも、それを毎日続けている主人は、偉い人だなぁと思います。


あ、私は、椎間板ヘルニアを3箇所もやってしまったので、農作業はやりませんよ。

それで、腰に負担の少ない、鍼灸師…と、思ったのですが、

案外、患者さん宅のベッドの高さが合わない事も多く、

腰が辛くない、という訳ではないのです。

でも、本当にやりがいのある仕事だと、思っています。

さて、傷寒論真髄、読み始めようかな。

息子も帰宅は22時を回るそうだし。雨が降らなければいいな…







PageTop

桜も終わり…

今日は病院で研修の日でした。

いつもはグズグズしていて起きられない朝も、シャンとして起きられるから不思議です。

患者さんの中に、「脊髄梗塞」という病名の方が居られました。

私も、指導に当たる鍼灸師の先生も聞いた事が無い病名です。

それでも、東洋医学の場合には、

脈、舌、寒熱、虚実などの様子から、治療ができますから、安心です。

西洋医学だったら、病気の本態が解らなければ、治療になりません。

背中を触らせて頂いたら、第3腰椎の下辺りが板のようになっていて、

その上が、柔らかいという特徴がありました。

その板の様な張りを緩めて、下半身に力をつけてあげるような治療をすれば、

きっと、少しは楽になるのではないかと思いました。


帰宅して、ネットで検索したら、

脊髄の動脈がふさがって起こる脊髄梗塞(せきずいこうそく)が主なものですが、

脊髄梗塞は脳梗塞に比べて非常に少ないとされています。

そのほかに脊髄出血、脊髄硬膜下血腫(せきずいこうまくかけっしゅ)、

硬膜外血腫(こうまくがいけっしゅ)なども脊髄の血管障害です、

という説明がされていました。


私の所にいつか来るかもしれない病名の患者さん。

そのために、解らない病気は直ぐに調べる、覚える、のが基本です。

今日も新しい知識をありがとうございます。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。