癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今日の夕飯

6人分の天麩羅を揚げていたら、2時間近くかかりました…

出かけるのも疲れるけれど、夕飯の支度も大分疲れますね…

でも、とっても美味しかったので○としよう。

今日のヒットは、柿の葉の天麩羅と、春菊の天麩羅でした~

丁度、旬の食材、やっぱり美味しいのね♪



スポンサーサイト

PageTop

まずは体力をつける事だな…

一昨日の土曜日、朝10時過ぎに家を出、

新宿の住友ビルにて開催されている、佐々木玄宗老師の坐禅会に参加、

2炷、1時間坐って、老師の碧巌録の提唱を伺い、

お茶をいただいて、その足で駒込まで。

17時30分から始まった、「いやしの道 東京摂心会」は、

30分の講話の後、1時間の治療実習。

その後、20時30分まで講義があり、

その後、30分を2炷坐りました。

終わりは21時40分位でしたか…

物凄く、勉強になる一日ですが、何せ、自分の身体との闘いでもあります。


帰りは、走るようにして片道15分の道程を駒込駅まで、

息が上がってしまって、電車の中でまで「ハァハァ」と。

駒込駅まで送って下さった山野先生、ありがとうございました。


幸い、走ったお陰で最終電車には間にあいましたが、

その後、2日間寝込みました。


が、2日間で済むようになった事は、幸いです。

私のように、「慢性疲労症候群」と呼ばれている一種の症候群は、

実は「重い『腎虚』」なのではないかと、最近、考えています。

私の場合ですが、劇的に「鍼灸」が効きました。

それも、経絡治療の様な補の治療である一定の高さまで持ち上げた後、

いやしの道のようなアタックする鍼が効くのではないかと、密かに思っています。


お陰様で、今日は元気!元気!で、お2人の治療をいたしました。

お腹に力が入るようになって楽になった、とか、

膝が痛くて歩くのも辛かったという方が、良くなられたので、

良かったです~。


でも、兎に角、自分が元気である事が一番必要だと、

しみじみ感じた事でした。

毎月、第4土曜日の勉強会は大変だけれども、

自分にとっての試練であり、大きな学びの場でありますから、

出来うる限り、頑張って、自分の自信に結び付けたいと思っています。



PageTop

ランチ会

一昨日は学校の後輩と、同期の4人で、

学校に業者さんが来ていたので、血圧計を買いに行きながら、

ランチしてきました。

今思うと、良くあの距離を毎日通学していたと思います。

それと共に、「学生」という枠に、如何に守られていたか、

という事も同時に思いました。

だって、定期券が買えないんだもん!

片道、680円、往復だと1360円の距離!

これが、学生定期だと、約半額になるし、

毎月、毎週の様にあった勉強会への交通費も、

持ち出しが少なくて済んでいた訳です。


水銀柱の血圧計と、聴診器を購入、

これで出張鍼灸師として必要なものは、殆ど揃いました。


今日は、友人と友人のお母様から、「国試合格祝い」と称して、

ランチのご招待を頂き、美味しいカレーをいただいてきました。

ナンが大きくて、美味しくて、ビックリ!

カレーも、我が家のバー○ンド・カレーと違って、

インド風のとても美味しいものでした。

是非、また行きたい!です。


その後、素敵なカフェでお茶を頂き、

優雅な気分で帰宅しました。


心許せる友人とのランチは、本当に心への栄養タイムです。


明日は、坐禅会に参加した後、いやしの道東京摂心会です。

新宿、カルチャーセンターにて坐禅を2炷、老師の提唱を伺った後、

駒込に回って、某お寺で坐禅を2炷、勉強会を20時30分まで、

その後、坐禅を2炷、解散となります。

一寸、遠い場所なので、田舎の最終電車に間にあうか、

一寸、いえ、かなり心配ですが、頑張って行って来ようと思います。

さぁ!頑張れ自分!と檄を飛ばして、少しでも早く、

少しでも上手ないやし手になれるよう、努力、努力です。


PageTop

コミック効果

西洋医学的病名も知っておかねば、鍼灸師の仕事は出来ません。

テストの問題に出てきそうな難しい病名、

実は、医療漫画で覚えました。

今日は、「ブラックジャック」が、

ど~んと1箱、届きました。

古書店で禅17巻、大人買い。

これから、コミックスの世界に浸ります~☆

PageTop

自分の身体を大切にすること

一昨日、その2日前と、勉強会が重なって、

一寸、いや、かなり疲れてしまって、昨日は寝てよう日でした。

矢張り、人の身体を診る前に、自分の身体がしっかりしていないと、

ダメだと、強く思ったことでした。


金曜日の病院での勉強会は、本当に究極の勉強会で、

15分という時間の中、発表が5分、質問・意見が8分、まとめが2分という、

ギリギリの時間枠の中で出来る、真剣勝負のような勉強会でした。

まず、馬鹿な質問はできません。

慎重に言葉を選んで、それでいて鋭い質問を心がけます。

緊張に緊張が走り、肩が上がったままの状態で酷く疲れましたが、

物凄い、言葉の勉強になりました。

言葉に惑わされない、きちんと言葉にする、言葉を選ぶ、

極めるというのは、実に大変なことです。


その後、国家試験合格祝いという事で、

美味しい夕食をご馳走になりましたが、

先生方、皆、食べるのがとても早いの!

私はゆっくり食べる事に慣れてしまっているので、

一口ごとにお腹が一杯になってしまって、

折角のご馳走、半分くらいしか入りませんでした…

でも、とても楽しい時間でした。


一日置いて、「いやしの道月例会」、一昨日です。

中伝以上の方々はメンバーに代わりは殆どないですが、

初伝の方々が物凄く増えていて、驚きました!

まず、中伝、そして正教授の順番で臨床報告があります。

其れに対しての、質疑応答、

今回は、子供の夜尿症について、と、頚椎の根症状についての

臨床報告がありました。

とても参考になり、自分にも取り入れるべき要素が多く、勉強になります。


その後、総稽古です。

机をどんどん片付けて、正教授、中伝、初伝という形でのチームを作り、

治療を点検していただきます。

1年半ぶりの稽古で、緊張して汗びっしょり。額から汗が流れ落ちる程。

まず、腹証の取り方から復習です。

しっかり、手を沈めて横に切る、深いスジバリ、浅いスジバリを見つける、

そして、そのスジバリを緩めるように、鍼を打って行く…

言葉では簡単そうですが、なかなか、難しいものです。

途中、横田観風先生自ら回ってきてくださり、

私の体の傾きを直して下さいました。

もっと自分の身体がしっかりしていないと、中心軸がぶれてしまう、

いい見本のようなものです。

しっかりと坐りこみ、中心軸を立てられるようにせねば、と、

改めて思いました。


総稽古が終わって、茶礼の時間。

暖かいほうじ茶を頂きながら、談笑の時間です。

今回は、初めての方が、7名くらいいらして、賑やかな稽古でした。

4月という事もあり、年度の初めですものね。


また来月の稽古が楽しみです。

おっと、其の前に、第4週の土曜日に、朽名先生の稽古もありました。

勉強会が入ってくると、気が引き締まります。

そして、自分の身体が、元気であることがいかに大切かという事を、

改めて思ったことでした。

今年は、身体作りに真剣に励むことにします。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。