癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お知らせ

オープン・ルームから、5年半の間、皆様に可愛がって頂いた、

ヒーリング・ルーム、「フロレラ・フロレロ」ですが、

国家試験準備の為、しばらくの間、閉鎖させて頂く事にいたしました。

自分の体調不良という事もあり、充電期間を頂きます。

次にオープンする時には、更にパワーアップして、

「心と身体を同時に癒せる空間」として、

リニューアルしたいと思っております。

その時にはまた、どうぞ宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

PageTop

山越え、谷越え

三日間にわたる中間試験、

途中、風邪に悩まされながらも、元気に乗り切りました!

結果は、「再試無ければ、後は良し!」です。

試験後、気の置けない友人達数名と、ランチの約束をしていたので、

13:10集合、食べ、飲み(私は、ジャスミンティーです)

こういう時、お酒が飲めたらどんなにか楽しいだろう~とも思うのですが、

実は一滴もアルコールは飲めないながらも、お酒の席は大好きです。

皆、本音で語ってくれますからね~。

で、解散したのは何と!21時です!

約、8時間もお店の一角を占拠しておりました~

でもでも、とても楽しかったです~。

また、ご飯&飲み会、やろうね!と言って別れました。

まだ、余韻が体に残っています。

学校の話、勉強の話、独立してからの話、将来の夢、

語っても、語っても、語りつくせない程、話が弾みました。

8時間喋り続けましたが、学生時代、演劇部で鍛えた咽。

まだまだ、行けます!(笑)

苦しい事があっても、辛いことがあっても、誰かに話す、聞いて貰う、

それだけで、「気」は発散され、陽気が増します。

東洋医学的にも、「元気になる」コツなんですよ~♪

さぁ、今日は誰と、どんな楽しい話をしましたか?

明日も、元気に楽しい話をしましょう。

皆様にも明日が、文字通り、明るい日でありますように!

PageTop

Let's てすと

屋根裏でネズミがカリカリやってます。
あぁ、ど~か、天井に穴が開きません様に
と願う、白い月の風邪でした。
ハイ、風邪ひいてます。
が、流行り中のノロウイルスではなさそうなので、
昨日、今日と2日間、爆睡中です。
が、明日、明後日とあと2日試験が続くので、
ひたすら、身体、持ちます様にと願うのでした。

とゆー訳で携帯からの更新です。開く気力、久々にありません。
が、明日、明後日は這ってでも学校は行きます。
ご心配、あらせられるな
とゆー訳で、リンクして頂いている皆様、ちょいとお休みを頂きます。
試験終わったら、Let's gogoさせて頂きますm(__)m

PageTop

放課後のランチ

今日は中間試験の初日。

何故か、土日を挟んで、あと2日。

今日は午前中で終わったので、学友達と隣り駅のモール街で、ランチしてきました。

放課後…

いい言葉ですよねぇ~。

学生であることを堪能させてくれる言葉マジックの一つです。

東洋医学修行中の私達ですから、

五穀米とお魚の定食のランチを頂いてきました。

時は秋。秋刀魚の美味しい季節です。

ランチと楽しいおしゃべり、何よりのご馳走です。

そして、何よりの慰めになります。

一人じゃない、って、何て力になる事でしょう。

信頼できる師匠が居て、信頼できる先輩が居て、信頼できる友人が居て、
信頼できる学友が居て、信頼できる後輩が居て、信頼できる家族が居る。

あぁ、なんて恵まれているのでしょう。

何があっても、「人」に恵まれていれば、力になります。

慰めてくれ、一緒に悩んでくれ、How toを考えてくれ、一緒の時間を楽しんでくれる。

とてもいい時間を過ごしてきました。
明日からの力になります!

今日もありがとう!

PageTop

薫風堂

薫風堂というのは、鍼灸師の資格を取ったら、開業する予定の、

治療院の名前です。

今からもう、決めているので、このブログの題名にもなっています。


鍼灸という東洋医学の世界に入るきっかけとなったのは、

病を得、半年という長い時間を過ごした病院の医師の一言。

入院中の退屈しのぎの手慰みに、伝統工芸の百鶴を折っていた。

これは、一枚の大きな和紙に切り込みを入れ、

100羽の鶴を繋げたままで折る、江戸時代から伝わるもの。

それを見ていた医師は、

「あなた、器用だから、鍼灸師に向いていると思うよ。やってみない?」

という一言から始まった。

既に子供も大きくなり、手も掛からない年。

自営の農家の仕事は、体を壊した今、もう、出来ない。


「もしかしたら、こんな私の手でも必要としてくれる誰かがいるかもしれない」

その想いだけで入った東洋医学の世界。

師匠にも恵まれた。

自己を修め、多くの病める人たちのために生き、
 世の一隅を照らすことを自己の喜びとする

人たちの集り、『いやしの道協会』という勉強会だ。

横田観風師匠は『万病一風論」を説き、
『万病は唯一風なり。風とは変なり、風を心に観て、風をおさめるを眼目となす』と言う。

絶対的医道を理想とし、単に肉体的異常をいじくりまわして修繕する如きものではなく、
生命まるごと、魂そっくり救済し、更に病める時は、
医者も患者も共に大切なものに目覚め、自己変革の好時節と認識し、
癒しにより医者も患者も共に救われ、共に病みて安心、死しても安心という
心境に安住し、更に患者のみならず、生きとし生けるものの救済を目指す。

という、精神性の高い、人のみならず全てを包括して救うという、
仏道にも似た、自己意識をレベル高く保たねばならぬ会である。

「道」なのだ。
どこまで行っても 果ての無い、『道』なのだ。

「自己をひいきにする心、自分かわいさの心を捨ててこそ、道に入る事ができる。
者の真実に徹し、どこまでも己を尽くす事を通して、
人生のぎりぎりの生き様を学ぶとともに、無我の実現により、天地の真理に至り、
大いなる生命と共に生かされ生きる事」を、日本的なる道と定義する。

どんな流派の鍼灸をも包含する、大きな希望の会。

この1年、「経絡治療」という流派の鍼を学んでいます。

鍼、というと、怖いかもしれませんが、
鍼を皮膚に刺入することなく、触れる程度の接触針で治療してゆくので、
人にも、心にも、優しい鍼です。

学校での先生にも恵まれ、
良い意味での勉強をさせて頂いています。

実は、明日から学校では中間試験です。
現実は厳しいのだ。

さぁ、ガンバ!



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。