癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いきなり冬!

急に寒くなりました。

今朝は寒くて、お布団から出るのが大変でした。

まだ、10月なのに~

今年の冬はエルニーニョ現象だとかで厳冬になるそうです。

寒い時には、体を温める工夫をしましょう~


暖かい物をお腹に入れる、が、基本になります。

私の場合は、お腹の中まで冷えてしまっているので、

寝る前、起床時に「通脈四逆湯」を飲むようにと、

主治医から指示されています。

これは、漢方薬ですので、誰でもが飲める、という訳では無いので、

薬ではなく、身体を温めよう~を、提案します。


重ね着をしましょう~。

厚いセーターを一枚着るより、薄地のものを数枚、重ねる事で、

空気の層が幾層にもなり、より暖かく過ごす事ができます。


暖かい飲み物を工夫しましょう~。

紅茶にショウガをすりおろした物を入れて生姜紅茶にすると、

とても身体が暖まります。

紅茶、緑茶、中国茶などの数種類のお茶を混ぜて飲むと、

身体を暖める作用が強くなるそうです。

これは、それぞれの製造方法が違っているからだそうです。

寝る前に、ホットミルク一杯で、良く眠れると言いますが、

身体の弱い人は、紅茶や麦茶などで薄めてホットミルクにしてください。

胃酸でタンパク質が固まり、翌朝、胃が痛くなるのを防ぎます。


食べるものも、暖かいものにしましょう~。

特に、冬は、根っこのものを食べましょう。

地上にあるものは陰性が強く、地中にある者は陽性が強いのです。

人参、ごぼう は、特に深い根っこになるので、陽性が強く、

身体を温める作用が強いです。

梅干などの塩分が強いものも、身体を温めます。

が、天然の塩を使ったものに限ります。


最近は、梅干と言っても「甘味」のある物が多いですね。

砂糖は身体を冷やしますし、人口甘味料に到っては、最低です。


陰陽調理和法という調理法方があります。

陰の強いものを下に、陽の強いものを上に重ねて、煮るという方法です。

海藻、キノコなど陰の強いものを一番下に、

次に葉っぱもの、

次にイモ類、

次に根菜類、

一番上に、陽分の強い肉や魚を乗せて、重ねて煮るだけです。

調味料は天然塩だけで充分、美味しいですが、

天然醸造の醤油だともっと美味しいです。

この調理法方だと、簡単に陰陽のバランスが取れた食事を取る事が出来ます。






スポンサーサイト

PageTop

肺経の経絡ー1

朝は比較的暖かだったのに、夜になって急に冷えました。
木枯らしのようです。
明日の朝もとても冷えるとか。皆様、お身体に充分気をつけてお過ごし下さい。
季節の変わり目は、どうしても体調を崩しやすいです。

記録的な暑さの夏から、秋へ、
陽から陰へ移り変わる、身体もそれ相応の対応が強いられます。
生きているって、何て順応性に富んでいる事かと、感動してしまいます。

さて、昨日は書けなかった、肺経の経絡について書き出そうと思います。

まず、経絡のお話です。

人には12の正経と8つの奇経、それに15の大絡、体表を覆う絡脈とがあります。
これは、一寸専門的になるので、適当に読み飛ばして下さい。

経絡のという字には、
 1.縦糸(たていと)という意味があります。真直ぐにとおった織物の縦糸。おおすじ。転じて、
  地球の両極をたてにとおした仮定の線、つまり経度の事。
 2.時代を縦に貫いて伝わる、不変の道理。物事の筋道。
 3.儒教では不変の筋道を説いたとされる書物、「経書」、「五経」の事。
 4.仏教や宗教の道理を説いた書、「お経」、「般若心経」など、「聖経」とは、聖書の事。
などの意味があります。

という字には、
 1.からむ。糸を糸車のわくにひっかける。まるめこむ。
 2.つなぐ。繋がる。横につなぐ。線と線または点と点の間をつなぐ。
 3.漢方医学で、縦のおおすじをつなぐ細いすじのこと。
などの意味があります。

ですから、
人間に縦に通っている、不変の道理とそれをつなぐ、筋道の事を、経絡と呼ぶのです。
大きな経脈は12正経と言って、12本の経絡が手足の先から、頭までを巡っています。

縦にも、横にも、全身が細い脈絡で繋がっているので、
この経絡を使って、治療するという考え方が、根本にあります。

この経絡は、切れる事無く輪のように全身を循りますので、終わりがありません。
が、経絡の「初め」はあります
それが、手太陰肺経です

一昨日のブログに、肺経の病症を書きました。
今回は、肺経の経絡、流注と呼ばれる流れの原典、霊枢の経脈篇を少し、書いてゆきます。

原文と読み下し文は、好漢医学林の先生に拠る物を載せさせて頂きます。

(原文)
肺手太陰之脉。 起于中焦、下絡大腸、還循胃口、上膈属肺。
従肺系横出腋下、下循臑内、行少陰心主之前、下肘中、循臂内上骨下廉、入寸口。
上魚循魚際、出大指之端。
其支者従腕後、直出次指内廉、出其端。


(読み下し)
手太陰肺経の脈は中焦に起こり、下りて大腸を絡(まと)い、還って胃口を循(めぐ)り膈に上り肺に属す。
肺系より横に腋下に出で、下りて臑内(じゅない)を循り、少陰心主の前を行き、肘の中に下り、
臂内上骨の下廉(げれん)を循り、寸口に入り。
魚に上り魚際を循り、大指の端に出ずる。
其の支なるものは腕後に従い、直ちに次指の内廉(ないれん)に出で、其の端に出る。

(意訳)
手太陰肺経の脈は中焦に起こり
 手の太陰肺経の脈気は、中焦から起こります。
 序文に、「穀入于胃、脈道以通、血気乃行」という一文があり、これは、
 「胃に飲食物が入る事で、初めて脈の道が通じて気血が巡り始める」という事です。
 胃は水穀の海とも呼ばれ、後天の精が作り出される所です。
 食物をお腹に入れる、つまり「食べる事」で、始めて元気が出てくるのです。
 だから、脈気は中焦からおこるんだよ、という事を言っています。

下りて大腸を絡(まと)い 
 中焦にて起こった脈気は、いったん、下に降りて大腸を絡います。
 肺と大腸とは表裏の関係にありますので、大腸を絡います。絡みつく、という意味です。
 肺結核の人は良く、痔瘻になったり、大腸癌になったりします。
 これは、肺と大腸の関係の深さを示しています。
 だから、冷たいものを飲むと、食道を通る時に肺がキュンと冷やされて、
 冷えによる下痢が起こるのです。
 これは、大腸まで冷えています。冷たいものが身体に悪いと言われるのが、解かりますね。

還りて胃口を循り、膈に上り肺に属す 
 大腸からまた上ってきて胃口を循って、横隔膜に上って肺に属します。
 ガッチリと結び付く、の意味です。
 胃口を循るのは、この手太陰肺経だけです。ここに意味があると、先生は仰っていました。
 胃の口は吻門部ですが、この吻門部と手太陰の脈が関係があるらしい…
 吻門部が弛むと、胃酸が逆流して、逆流性食道炎になったりします。
 また、食べてすぐに横になるのは良くない、と言われますが、この吻門部が弛むらしいです。
 手太陰の経が吻門部の弛めたり、閉めたりしているのではないか、という事です。
 手太陰肺経ですので、肺とがっちりと結び付いています。

肺経より横に 腋下に出で 
 肺経から別れて、腋下に出ます(雲門、中府)
 鎖骨の下の辺りを循って、三角筋の前縁を循って、下ります。
 鎖骨下、小胸筋の辺りは、胸郭出口症候群の起こる場所です。
 その痛む位置によっては、肺経の経絡を使って治せる、という事を言っています。

下りて臑内(じゅない)を循り、少陰心主の前を行き、肘の中に下り 
 臑内とは、上腕の事です。天府、俠白穴を循り、手少陰心主、手の少陰心経の前を行き、
 肘の中(尺沢穴)に下ってきます。

臂内上骨の下廉を循り 
 臂とは、前腕のことです。上骨とは、橈骨の事です。
 上腕二頭筋が橈骨に巻き付いて引っ張っている部分、橈骨の下角を循ります。
 腕の真ん中の辺りを循っています。巷の流注の本の様に外側ではありません。
 必ず、橈骨の下角を引っ掛ける様にして取ってください。
 この部分は、胸廓を広げる作用があります。尺沢と孔最の間辺りになるかもしれません。
 呼吸が浅い肺虚・腎虚の人には、必発の穴です。

寸口に入り
 列缺(絡穴)、経渠(經金穴)、太淵(兪土原穴・脈会穴)が並んでいます。
 列缺は絡ですので、後述します。
 経渠は腎虚の時に使用します。動脈の内側に取ります。
 太淵は兪土原穴ですので、肺虚の時には太白と共に、必発の穴です。
 動脈の外側に取ります。

魚に上り、魚際を循り
 魚とは、手首~親指の付け根の間の、ふっくらとした部分です。
 魚際は栄火穴ですので、ひねくれものです。
 虚しているときには瀉して、実している時には補法をします。
 ここで、お腹の冷えを見ます。静脈が青く見えたら、お腹が冷えている、という事です。
 逆に、この部分が赤かったら、お腹に熱があり、黒く見えたら、瘀血があります。
 お腹が冷えている時には、漢方薬だったら理中丸を飲みますが、
 普通は手元にありませんよね。
 ハチミツがお腹を温めます。麦芽水飴、膠飴(こうい)もお腹を温めます。
 子供が、「下痢をした時」に、この部分を見て、青かったら、
 ハチミツを舐めさせてあげると良いのです。お腹が暖まって、
 下痢がピッタリと止まります。
 お誕生を越えた子供なら、それで大丈夫です。
 一歳以下の赤ちゃんにはハチミツはいけません。
 ボツリヌス菌の芽胞を含む事があるからです。 

大指の端に出ず
 親指の先に経脈が出てきます。
 少商穴は井木穴です。呼吸が苦しい時にはここを刺激します。
 扁桃炎などで熱がある時には、刺絡をしても良いのです。
 或いは、補法をして、気を中に入れてあげるのも良いです。

ここまでが、肺経の正経です。絡脈もありますが、後日、追記します。
宜しかったら、参考にして下さい。
講義は好漢医学林の先生によるものです

さて、難しい部分を今日は書きましたので、
一寸一息、温かいミルクティーでも飲んで、寝む事にしましょう~。
長々とお付き合い、ありがとうございました~

 

PageTop

古典を書こうと思っていたのですが…

今日は、霊枢の原文、読み下し文、解釈を書こうと思っていたのですが、

点滴に予想外の時間を取られ、帰宅が21時を回ってしまいました。

また、明日以降、書きますね。


昨日は本当に楽しい勉強会でした。

今朝、起き上がるのは大変でしたけれども、

あの楽しさが、頭を過ぎり、「さぁ、頑張ろう!」と思わずには居られません。


尊敬する師が居て下さる、という事は、

何と大きな力になる事でしょうか。

あの力を手に入れたい、と願う事が、今の私を支えます。

いつか、そんな風に思って貰える様な人間になりたいですね~。


今日のつぶやきでした

PageTop

経絡治療勉強会

今日は月に一度の勉強会

物凄く楽しみな一日であり、物凄くモチベーションが上がる日でもあります。

今日は私が一寸風邪気味なのと、角膜炎を起こしていて調子が出ないので、

受け持っている講座を外していただき、先生の講義から入りました。


今日の勉強は、「肺虚証」と言って、

そうですね~、丁度、竹久夢二の描く「美人」のようなタイプを

想像して頂ければ、イメージが湧くでしょうか。


細身で弱弱しく、思わず、「守ってあげたい!」と、思わせるような感じです。


風邪を引き易く、低体温症で、呼吸が浅く、少ないのが特徴です。

呼吸が浅くて少ないという事は、取り込む酸素量も少ないので、

身体の中での燃焼力も少なくなるという事になり、寒がりです。

いつも、冷えと寒さに悩まされて、ひざ掛けやカイロが手放せません。

寒がりなので、身体を守る為に、うぶ毛が多く、愚痴っぽいです。

ここまでは、「守ってあげなくちゃ!」と、思わせるのですが、

それは外見だけで、実は芯がしっかりしていて、頑固者です。

自分が正しい!と言ったら、絶対曲げない、自分を強く持っています。


今、大河ドラマで、「龍馬伝」をやっていますが、

龍馬の名前の由来が、背中に馬のたてがみの様にむく毛が多く生えていたそうです。
(後輩からの情報)

もしかしたら、龍馬も、「肺虚」の陽証だったのではないかと、余談に話が弾みました。


古典に、「冷飲すれば形冷ゆる」という一節があります。

冷たいものを飲むと、食道を通る時に肺がキュンと冷えて、それが大腸まで伝わって、

冷え症による下痢をしてしまうよ、という事であります。


大腸が冷えると、お腹が冷えます。

お腹の中が冷えると、身体も冷えます。

だから、寒がりになるのです。冷たいものは厳禁です。

冷えると、身体の基礎代謝量が落ち、体内に水分を多く溜めるようになります。

肺は皮毛を主(つかさど)りますので、皮膚の浅い所に多く水を溜め、

湿疹、アトピーの原因となります。

体内の水分量が多くなり、冷えますので、尿の色が薄くなります。


また、肺は鼻に開竅(かいきょう)と言って、鼻にその気が通じて、出入りしますので、

鼻水が出たり、くしゃみをしたり、気が上せると衂血(鼻血)が出たりします。

太陰の経絡が多気少血と言って、「気」が多いので、のぼせ易いのです。

のぼせて、それが炎症を起こすと、鼻炎になります。


背中に、「魄戸(はくこ)」というツボがありますが、

ここは、呼吸の出入り口で、気管支の反射が多く現れる処です。

硬結が現れたり、肩甲骨の間が狭くなったりしますが、ここに強い刺激を与えてはダメです

硬結に直接鍼を打ってしまうと、表位(頭部=首、肩周り)に熱が集ってきてしまうのです。


古典では肺は「相傅(そうふ)の官」と言って、君主(心臓)を助ける役割をいたします。

心臓は常に動いていますので、熱を発するので、これを冷やす、ラジエーターの役割をしたり、

五臓といって、他の臓腑の働きを統括する役目を負っています。


肺は皮毛(ひもう)と言って、皮膚とうぶ毛をつかさどっています。

常に汗をかいている状態を「自汗(じかん)」と言いますが、

これは、表面を汗で濡らす事によって熱を発散するので、自分の中の熱を下げようとしている状態です。

湊理(そうり)と呼ばれる、毛穴が開きっぱなしで、どんどん熱を発散しています。

それで、汗をかいた後は、すっかり冷えてしまって、寒くなるのです。


一寸長くなりましたが、この辺りまでが、「肺経」の病症です。

明日は、肺経の経絡と、その解釈を書きたいと思います。


集中して勉強している途中で、お昼が入ります。

いつも、先生がご馳走して下さいます。

今日は写真が撮れなかったので、来月にまた…


おやつも先生の差し入れです

今日は、鯛焼き? 金魚焼き?と言う位、可愛い鯛焼きでした~

金魚焼き

ね?! 可愛いでしょう?
普通の鯛焼きとは違い、明らかに形が、現代風~です。
あまりに可愛くて、食べるのが可哀相な位でした~
でも、とっても、美味しかったです(結局、食べた…)

講義が終了した後は、治療の実技に入り、

一人ひとり、脈を摂り、腹証を診、背中を診、「証」を診断します。

経絡治療では、この「診断」が大切なのです。

診断→即、治療 です。

証が決まれば、使う経絡とツボが自ずから決まってきますので、即、治療が出来るのです。

今日は7人が集りましたから、先生を含めて、8人の証立てをし、治療実技をした事になります。

治療して頂くと、私の、バリバリの背中さえ弛み、とっても楽になります。

これだけ治せて、初めて治療だと言える!そう、叫びたくなる瞬間です。



勉強会が終了してからも、お茶を頂きながら、話が弾み、

解散したのは19時頃でした!!

それだけ、皆さん、勉強熱心で、先生のお話も有意義で面白いのです。


先生、遅くまで、ありがとうございましたm(_ _)m

集ったメンバーの皆様も、お疲れ様でした~





PageTop

経絡治療勉強会

明日は、月に一度の「好漢堂」での勉強会です。

月にたった一度だけですので、気合も入りますし、

物凄く楽しみでもあります。


ブログを始めて約一週間、矢張り、目に来ますね~

師匠から、PCは目が疲れる、目を使うと陰血も使うから、

体調には充分、注意しなさい、とアドバイス頂いていたのですが、

ドライ・アイから来る、角膜炎を起こして、左目が開けて居られません。

ヒリヒリと痛くて、眩しくて、どうしようも無いです~。


矢張り、東洋医学的な考え方には根拠があるな、と思わずにはいられません。

では明日、頑張ってきます~

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。