癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自分が今、居る事の奇蹟

太陽の中心核では、水素が融合してヘリウムを作っていますが、

そのプロセスで水素の質量の0.7%がエネルギー転換して放出され、

それによって、太陽は輝いているそうです。

これが、0.71%だと太陽は既に滅し、

0.69%だと、進化のスピードが遅くなってヘリウムの結合ができず、

137億年経った今も、炭素が作られていない、

つまり、生命は生まれていないそうなのです。

この微妙精巧な宇宙のバランスによって、私たちの命が生まれてきたのです。


もう一つ、奇蹟があります。

私達には誰にでも生物学的に「父と母」という両親がいます。

その父と母にもそれぞれ両親が居て、それを遡って行くと、

10世代で104万8576人、

30世代では、10億7374万1824人、

40世代では、1兆995億1162万7776人にもなるそうです。


考えが及ばないほど、多くの人数ですよね。

この膨大な人数のうち、一人が欠けても、私が生まれる事は無かったし、

このブログを読んで下さっている方や、知り合いの方に逢う事は無かった。

命の連鎖。

なんて壮大なプログラムなんだろう。


さらにもう一つ、忘れてはならない事は、

この世に「自らの意思で生まれてくる人は一人も居ない」と言う事。

これは、現在、過去、未来、全ての世界に共通する事実。

つまり、この世が始まってから終わるまで、

「私」っていうのは、たった一人きりで、

現在を生きていると言う事。

この素晴しい奇蹟を、どう生かしてゆこうか。

頑張れ、自分。

これからもプラス思考で前向きに歩いて行こう。






スポンサーサイト

PageTop

同感

昨日、購入してきた邪馬台国の本に、とても良い文があったので、
書いておきたいと思います。全く同感です。

「学問というのは感激があるから、次々に挑戦する気持がわくもので、

感激がある人には次々とひらめきが出てくるものです」

私に取って、東洋医学が当にこれでした。

本当に感激の連続で、

とは言うものの、特にひらめきがある程賢くは無いのですが(笑)、

一生をかけて探求するにふさわしい学問だと感じて居ます。

PageTop

今日の良い言葉

今日の安岡正篤師の言葉は、

今の御時勢にピッタリの言葉だった。


【四つの誤り】

 今の世にはびこっている思想に、間違った思想が四種類ある。
 第一は「ひ辞」〈偏った議論〉、
 第二に「淫辞」〈でたらめの議論〉、
 第三「邪辞」〈胸に一物を持って言う邪な理屈〉、
 第四「遁辞」〈責任回避の逃げ口上〉
 である。〔孟子〕


当に今、政府がやっていることではないか!

と思うのは、私だけではないと思います。

PageTop

当下一念

毎年2日には、実家に新年の挨拶に伺う事になっています。

弟と、二人兄妹で、お互いに家庭を持って居りますので、

全員集合すると、両親を含め、10人になります。

幸い、両両親とも、元気でいてくれるのが、ありがたいことです。


実家に行く前に、お初詣でに行って来ました。

私が子供の頃から、卯年の守護神である、「文殊菩薩」がご本尊の、

「文殊寺」に詣でるのが、毎年の習慣です。智慧の仏様でも在りますし…

今年は特に、国家試験を控えていますので、欠かす訳にはいきません。

ただ、お願い事をするのではなく、「ありがとうござます」と、手を合わせてきました。

ドキドキしながら引いたおみくじも「大吉」でしたので、嬉しかったです。


矢張り、久しぶりに顔を合わすのもいいものだと思いました。

両親が健在な内は、この習慣が続く事になると思います。嬉しい事です。



さて、今日はお正月らしい宝の言葉を書きたいと思います。

東洋医学を学ぶ者は、東洋学も修めるべきなのです。

当下一念」(とうかいちねん

我が国において、「学者にして聖人」と呼ばれたのは、

日本陽明学の始祖として名高い、中江藤樹が始まりと言われています。
その偉大な中江藤樹先生が11歳の時に読んで感動し、
立派な人になろうと「志」を立てるきっかけになったのが、
四書の中の「大学」の次の一節だったそうです。

「天子(てんし)自(よ)り以って庶人(しょじん)に至るまで、いつに是(こ)れ
 皆身を修むるを以って本と為す」


天子(皇帝)から庶民に至るまで、自分の身を修める事こそが根本である。
自分を修めるという根本を疎(おろそ)かにして、家庭も国家も
治めることはできない、という意味です。

重責を担う者が、その立場にあるまじき行為をしておきながら、
地位に恋々(れんれん)として、いつまでもしがみついている事が良くあります。
しかし、自分の事も修められない指導者には決してまともな組織運営は出来ません。
其の地位も、長くは保てないものなのです。
これは、政治家、実業家をはじめ、「先生」と呼ばれる立場の人が多いですね。


また、「大学」には、
者に本末有り、事に終始あり。
 先後する所を知れば、則(すなわ)ち道に近し

という言葉もあります。

木で言えば、根が本であり、枝葉が末。
人間で言えば、「徳性が本」で、知能、技能は末であり、
人間を創る上ではまず徳性を涵養(かんよう)し、身を修める事が大事なのです。
 涵養(かんよう)…自然に水がしみこむように徐々に養い育てる事

加えて、
事の終始をわきまえるという事が大事です。
親鸞聖人の和歌に、
明日ありと思ふ心の徒桜(あだざくら)夜半(よわ)に嵐のふかぬものかは
という一首があります。

先の事はわからない、だから今という瞬間を生き切り、死に切ることだ
という、禅に通ずる和歌であります。
「今」という一瞬を生き切る事によって、次の一瞬が良き始まりになるという事であります。

中江藤樹先生は、「当下一念(とうかいちねん)」という言葉を残されています。
今の「一念」それを続ける、という意味です。
毎年、お正月は清清しい気分になって、「よし、今年こそは!」と、
思われる方も多い事でしょう。
その清清しい新たな決意を続けてゆくこと、これが大事だ、という事です。

自分の今居る場で、最後まで全力を尽す事が、新しい道が開けてくる一番の大本になります。
「今」という一瞬、一瞬を大切に、
たとえ今、倒れたとしても、後悔しないよう、地道な努力を重ねて行きたいものです。

中江藤樹先生の道歌を最後に一首、ご紹介しましょう。

くやむなよ ありし昔は是非もなし ひたすらただせ当下一念
                    「雑誌:致知より一部転用」


どうでしょう?この、心意気。
禅では、この一息を吸い、吐ききった瞬間、瞬間に生き死にしていると言います。
小さなことでいいから、このお正月から始めてみませんか?
今日、2日は、事始(ことはじめ)の日でもあります。

私は、毎朝、坐ること、朝課(読経)をすることを今年の一念にしたいと思います。
そして、ここ2年、続けてきた「安岡正篤(まさひろ)先生」の短い一言を、
ノートに、少しづつ手書きする事も、毎日続けたいと思います。
優れた文章を手書きする事を積み重ねると、文章力が増すと聞きました。
私の小さな、当下一念です。







PageTop

皆様、良いお年を!

起き上がる気力が無くて、ブログも暫く休んでおりました。

励ましのメッセージを沢山、ありがとうございました。

来年はもう一寸、丈夫で居られるように、体調管理に充分注意したいと思います。

1年も今日で終わりです。

お世話になった皆様、ありがとうございました。

来年もよいお歳でありますようにとおいのりしております。

今日は、私の尊敬する陽明学者、いや、東洋学者か…?

の、安岡正篤先生のお言葉で〆たいと思います。


【萬燈行】

「内外の状況を深思しましょう。
 このままで往けば、日本は自滅するほかはありません。
 我々はこれをどうすることも出来ないのでしょうか。
 我々が何もしなければ、誰がどうしてくれましょうか。
 我々が何とかするほか無いのです。
 
 我々は日本を易(か)えることが出来ます。
 暗黒を嘆くより、一燈を付けましょう。
 我々はまず我々の周囲の暗を照す一燈になりましょう。
 手のとどく限り、至る所に燈明(とうみょう)を供えましょう。

 一人一燈なれば、萬人萬燈です。
 日本はたちまち明るくなりましょう。
 これ我々の萬燈行であります。
 互に真剣にこの世直し行を励もうではありませんか。」




一人一人が認識して一燈になれば、世界はあっという間に明るくなる。

わずか一人でも一燈になれば、片すみだけでも明るくなる。

一燈である自分を来年も目指したいと思います。

どうか、世の片隅を照らせる一筋の光でありたい。

師匠の教え通りに歩いて行けますように。



皆さま、いつもありがとうございます。良き歳をお迎え下さいませ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。