癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラピスラズリの薔薇

11月3日。文化の日。

実は今日は22回目の結婚記念日です(でれ~)

天気の特異日ですから、今日も青空が広がっています。

今までの人生の半分近くを一緒に歩いてくれているパートナーに、

感謝を捧げたいと思います。

あぁ、22年前の空も、青かったっけ…

天上の蒼…



いつも硬い事ばかりだと、書く方も、読む方も、疲れてしまいますから、

今日は「色」のメッセージについて書きましょう。


現在、私の両耳には、ラピスラズリという宝玉を

薔薇の形に彫ったピアスが付いています。

左の耳だけにはもう一つ、真珠のピアスがついています。


ラピスラズリ=金色を含んだロイヤルブルーの宝玉です。

12月生まれの私の誕生石でもあります。


濃い、藍色を想像して下さい。

その色で彫られた、薔薇の形を想像してください。

何か、違和感がありますね。


そう、自然界の薔薇には、「青」は存在しないのです。
(最近は遺伝子組換え技術で青いバラが誕生しましたけれど、
 あれは青ではなくて、紫に近いですね)

それを敢てピアスに彫って身に着けている、と言う所に、意味があるのです。


金色を含んだロイヤルブルーの宝玉、ラピスラズリは、

かつて日本では「瑠璃(るり)」と呼ばれていました。

波璃(はり)=水晶と並んで、美しいもの、尊いものの代表です。

ラピスラズリの語源は、ラテン語で「天上の蒼」という意味です。

ラピスラズリは、世界で最初にパワーストーンとして認識された石といわれています。


美しい群青色は夜空を、散りばめられた金色は星を意味し、

天を象徴する石として崇められていました。

世界各地の神話にもよく登場します。

内なるビジョンと先見の明をもたらし、創造力や直感力を高め、

眠っている才能を引き出してくれるとされています。。


人生の知恵を授けると言われるラピスラズリ。

たとえば、これまで良しとしていた考え方が、

自分の成長を支えるだけの効力を失ってしまったとき、

古い考え方を取り去り、より高いレベルへ成長できるように

知性を磨いてくれるといいます。

直感力を高め、納得のいかない現状を改善する効果もあるといわれています。


その天上の蒼の石と、不可能な青い薔薇の組み合わせ…

意味深でしょう~?


それは、「どんな不可能に思えることも、可能にしてみせる」、

という、私の決心を形にしたものなのです。

身に着けていることで、常にそれを意識して、努力する、という意味なのです。


蒼いラピスラズリの薔薇のピアス。

たった、それだけのものですが、大きな自分の決心とメッセージを持たせて、

私の耳に納まっています。


やろうと思ったら、不可能な事は無い!

努力は才能に勝る!

人の5倍努力して、初めて人並みになれる、そんな私ですから、努力は惜しみません。


蒼い薔薇のピアスからのメッセージ、

「不可能」それを、「可能」にする才能、それは努力です。






スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。