癒しの風~薫風堂~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

足太陰脾経

さて、久しぶりに古典の経絡について。

今日は足太陰脾経の是動病・所生病を書きますから、

これで、手少陰心経以外の陰経の流注が揃う訳です。

では、いざ!


脾経絡病症
《是動病》
《本文》
是動則、病舌本強、食則嘔 胃脘痛 腹張 善噫、得後天與気 快然如衰 身體皆重。

《読み下し》
是れ動ずるときは則ち、舌本強張り、食するときは則ち嘔し、胃脘痛み、腹脹し、
善(しばし)ば噫(あい)し、後と気とを得るときは則ち快然として衰える如し、
身体皆重きを病む。


《意訳》
是れ動ずるときは則ち、
脾の経絡が動じる時には以下のような病症になる

舌本強張り、
舌の根元の辺りが浮取に因って運動制限が起こり、喋りにくくなったり、
舌を噛み易くなったりする

食するときは則ち嘔し
食べ物をたべると、嘔吐し、

胃脘痛み、
胃内停水があると、起こる現象。水が停滞して食べ物が流れて行かない、
止まった状態で吸収も出来ない。胃が痛くなったりする。

『胃脘痛』…胃痛・心下痛・胃心痛とも言う。胃脘部は心窩部辺りにあたり、
そこに発生する疼痛を言う。長期の飲食の不節制、あるいは
ストレスによって発病する。はじめは肝と胃の不調和の為胃気鬱滞し、
長引けば気滞血瘀が発生し胃絡を損傷する。臨床上では肝胃の
不調和によるものと脾胃の虚寒によるものに分けられる。
肝胃の不調和によるものは、胃脘の脹満、胸脇につらなる痛みがある。
それに心煩やイライラ、呑酸、胸やけ、口苔などの火鬱の証を兼ねる事もある
。また痛みが固定していて案ずる事を嫌い、便は黒く、脉渋のものは
血瘀によるものである。脾胃の虚寒によるものは陰々として痛み、
按ずる事を好み清水を吐出し、倦怠感、四肢冷、
大便固まらずなどの証をあらわす。(漢方用語大辞典より)

腹脹し、
お腹がガスでパンパンになり、(胃ではなく、上行結腸の上角の部分に
ガスが溜まっても、胃が痛いような気になる)

善(しばし)ば噫(あい)し、
中焦の滞りで、年中、ゲップが出て、

後と気とを得るときは則ち快然として衰える如し、
後とは大便の事、気とはおならのこと、大便とおならが出ると
お腹の気が巡って一時的に爽快な気分になり、治ったかの様な
気になるであるが、治ったわけではない。

身体皆重きを病む。
肌肉に水を溜めているから、まるで濡れた服を着ている様に身体中が重い、
というような病状になる。

《所生病》
是主脾所生病者、舌本痛、體不能動揺、食不下、煩心、心下急痛、溏瘕泄、水閉、黄疸、不能臥、強立股膝内腫、厥、足大指不用。

《読み下し》
是れ脾を主として病を生ずる所のものは、舌本痛み、体を動揺すること
能(あた)わず、食下らず、煩心し、心下急痛し、溏(とう)し、瘕(か)し、
泄(せっ)し、水閉し、黄疸し、臥すこと能(あた)わず、強立し、
股膝の内腫れ、厥し、足の大指用いられず。


《意訳》
是主脾所生病者、
脾を主として病を生ずる所の者(いわゆる所生病)は、

舌本痛、
舌の元の部分が浮腫によって痛み、

体を動揺すること能(あた)わず、
体を動かす事が出来ない程、パンパンに浮腫んでいる。運動する事が嫌いになる。

食下らず、
食事をしても食べたものが下ってゆかないので、上腹部が張ってくる。
それにより、心臓・下行大動脈が圧迫されて動悸することあり。

煩心し
心中煩悶して胸苦しく感じられる

心下急痛し、
心下部に者が詰まった感じがして痛い(五苓散)

溏(とう)し、瘕(か)し、泄(せっ)し、
溏とは、大便が稀薄になって下痢をすること。瘕(か)とは、血が凝滞して
起こる病、腹中に生じる積塊で、生じたり散じたりして1箇所にないもの。
泄とは、色々な腹瀉の総称。

水閉し、
下痢に水を取られてしまうので、体が危険を感じて体に水を溜め出す。
その為に肌肉に水を溜め出す。

黄疸し、
東洋医学的黄疸は、体に水を溜めて、其れが黄色くなって居る状態を指す。
脾経では特に肌肉に水を溜め、黄色く見えるようになる。

臥すこと能(あた)わず、
臥すとは、うつぶせに寝る事、浮腫で肌肉がパンパンになっているので苦しくて
うつ伏せになれない。

強立し、
無理をして立ち上がろうとすると、

股膝の内腫れ、
股関節の内側や膝関節の内側に水が溜まってきて腫れ痛む。

厥し、
厥逆して寒が上がってくる

足の大指用いられず。
足の親指の踏ん張りが効かなくなる。だから脾虚の人は、母趾を挙げたり
下げたりして運動させるのが良い。流注に沿って気が流れやすくなる。


足太陰之別絡
《読み下し》
足の太陰の別は名付けて公孫と曰う。本節之後を去る事、1寸、別れて陽明に走る、
その別は入りて腸胃を絡う、厥気上逆則ち霍乱す、
実すれば則ち腸中切痛し、
虚すればすなわち鼓腸す、
之を別れる所に取る也。


《意訳》
足の太陰の別は名付けて公孫と曰う
足太陰脾経の別脈はそれを名付けて、公孫と言う。

本節之後を去る事、1寸、別れて陽明に走る、
第一中足指節関節の後方、1寸の所から別れて足陽明胃経に脈気が注ぐ。

その別は入りて腸胃を絡う
其の別、つまり公孫の脈気は体内に入って腸胃を絡う、

厥気上逆則ち霍乱す、
冷えのぼせや吐き下しが酷い時には、公孫穴を使う

実すれば則ち腸中切痛し、
虚すればすなわち鼓腸す、
その脈気が腸胃をまとっているので、脈気が実すると、腸が切れるように痛み、
脈気が虚すと、ガスで腹部がパンパンに張れてゴロゴロ鳴る

之を別れる所に取る也。
こういう症状が出た時には、「公孫」穴を使うのである。





以上、半年以上をかけて、ポツリ、ポツリと、

解説を加えてきました。

以前、中途半端な形で公開していた肝経の解釈も、

完全版にして、公開する形にしてありますので、

「経絡について」から探ってみてください。

学んだ事とは言え、自分なりの解釈ですから、

「之が正しい」というわけではありません。

こういう解釈もあるんだよ、と、

鍼灸など東洋医学を学んでいる方の力になれれば、と思って、

書き連ねて来ました。

さて、次は何を書きましょうかね~?

また考えています。




スポンサーサイト

PageTop

脾虚時の使用穴

大分ご無沙汰していた経絡の話を今日はさらっと、経穴のみ書きます。

脾虚時に使用する穴と、その意義です。

ではスタート!!


《主に使用する経穴》
隠白井木穴)…木穴ですから、土経の脾経に対して相尅関係になります。
よって、脾虚の時には瀉し、脾実の時には補うのですが、
先補後瀉が鍼灸の原則ですから、「まず、隠白から」とは、絶対になりません。
最後に瀉法します。
太敦穴と一緒に瀉法する事で、肝実を尅します。瀉法することによって、
子供の夜鳴きや不正出血、お腹の張りなどに効きます。

大都熒火穴)…自経の母穴です。脾虚には必ず使用するのが、
この大都穴か、太白穴です。厥心痛と言って、下から突き上げてくるような
胃の痛みに効果があります。脾経は、胃を絡うからです。

太白兪土原穴)…大都穴と同様、厥心痛に効果があります。
肺虚の時には太白を取穴します。

公孫絡穴)…太白穴の後方1寸の所に縦にスジがあります。そこに、取穴します。
水と気を引き下げる働きがあるので、女性には必発の穴です。水を下げて、
のぼせ、イライラ、ヒステリーなどを取ります。脾虚の時には必発の穴です。

商丘經金穴)…脾の運化作用失調を治し、内踝の前廉に取ります。
頸が凝っている人に良く効きます。胃が悪くて頸が凝る、
捻挫し易いと言う人に良く効きます。

三陰交…婦人科の要穴ですが、妊娠初期には絶対に使ってはいけません。
妊娠初期の胎児は、妊娠した女性の身体にとって、
「瘀血」の扱いとなってしまう為に、瘀血を去るこの穴を使うと
流産の元になってしまいます。妊娠期間も長くなって、3ヶ月を過ぎると、
この穴を使う事が出来るようになります。
腹直筋が張って、赤ちゃんが苦しくて暴れる事で、逆子になる事がありますが、
三陰交穴で腹直筋を緩めてあげます。逆子も治って、
破水しかかった人でも、戻ってくる位、効果があります。
逆に、赤ちゃんが生まれない!という時は「足太陽膀胱経の至陰穴」にお灸をします。
古書では、
妊娠1~2ヶ月の時には肝虚、
3~6ヶ月位は脾虚、
7~8ヶ月位は肺虚、
9~10ヶ月には、腎虚で治療せよ

と、あります。

漏谷…脾虚時に凹んだ部分、内踝の上6寸です。

地機郄穴)…内踝の上8寸、脾虚時には凹みます。上記の
三陰交、漏谷、地機の内から、2穴ほど選穴します。地機は郄穴ですから、
胃痙攣のような激しい痛みによく効きます。
陰陵泉(合水穴)…脛骨上の溝に取穴します。お腹の冷えを治します。
お腹の冷えは、手の親指の付け根辺りのふっくらした部分、「魚際」で見ます。
ここが蒼くなっている人は、お腹が冷えていますので、
ハチミツを熱い湯で溶いたものを飲ませてあげると、お腹が暖まります。
経穴では、「足太陽膀胱経の委中」と一緒に使うと、よく暖まります。

血海…中医学では血虚証の治療点ですが、大腿部にある穴は
消化器系の水分をどんどん取ってしまい、便秘を招くのです。
穴の名前から、どうしても血虚時に使いたくなりますが、
便秘する事をきちんと理解して使う、説明する、などしましょう。

大包脾の大)…腋窩中央から下6寸。腋窩リンパのたまりやすい場所です。
鍼は打たずに、手でリンパを動かしてあげます。また、腋窩リンパが溜まって、
苦しい時、詰まっているリンパを抜くような感じで
「最後の手段」として、刺針することがあります。



しばらくお休みしていましたが、次は是動病、所生病に入って行きたいと思います。
がんばるぞ~! (^^)v




PageTop

1週間ぶり位かな…

あ~、

今週の月曜日から「病院研修」なるものが入ってきまして、

緊張しまくって体調を崩し、一寸お休みしておりました。

1週間近く経って、ようやく復帰。

今日は簡単に、経絡流注だけを…

原文・読み下し文は横田観風著「経絡流注講義」から、

句読点は筆者の意図によるものです。



足の太陰脾経
《本文》
脾足太陰之脉起於、大指之端、循指内側白肉際、過核骨後、上内踝前廉、
上踹内、循脛骨後交出、厥陰之前、上膝股前廉、入腹、屬脾、絡胃、上膈、
挟咽、連舌本、散舌下、其支者復従胃別、上膈、注心中。


《読み下し》
脾なる足の太陰の脉は、大指の端(はした)に起こり、
指の内側の白肉の際を循り、核骨の後を過ぎ、内踝の前廉を上り、
踹の内を上り、脛骨の後を循り、厥陰の前に交わり出で、
膝股の内前廉を上り、腹に入り、脾に属し、胃を絡い、
膈を上り、咽を挟み、舌本に連なり、舌下に散ず。
其の支なる者は、復び胃より別れ、膈を上り、心中に注ぐ。


《意訳》
脾なる足の太陰の脉は、大指の端(はした)に起こり
脾の臓と最も関係の深い足の太陰の経脈は、
足陽明胃経の経脈を受けて母趾の端(はじ)から始まる。この経は多気少血。

指の内側の白肉の際を循り、
母趾の内側、表裏の境目(毛が生えている所が表(陽経)、
生えていない部分が裏(陰経))の部分を通って、

核骨の後を過ぎ
核骨とは、母趾の第一中足骨関節の後下方の半月形部分の骨を指す。
手で触れると、丸く突起した部分が触れる。その骨の後の部分を通る。

内踝の前廉を上り
内踝とは、内くるぶしのこと。内くるぶしの前部分を上ってくること。

踹の内を上り、脛骨の後を循り、
踹=腨(ぜん)であり、漢方用語大辞典によると、腨(ぜん)とは、
腓(ひ)と同義で、俗に言うふくらはぎの事。
小腿部の隆起した部分で腓陽筋に相当する。とある。
故に、経脈はふくらはぎの内側、脛骨の後側を上る。

厥陰の前に交わり出で
厥陰とは、足厥陰肝経の事。『十四経発揮』には、
「漏谷循り、上行すること2寸にて交わり出ず」とある。
丁度、地機の辺りで足厥陰肝経と交わり、前後が入れ替わる。

膝股の内前廉を上り
膝関節、股関節の内側前側を上り、

腹に入り、脾に属し、胃を絡い、膈を上り、
ここで経絡は表面的な部分からお腹の中へと入ってゆく。
故に、お腹は診断点であって治療点ではない、と解する読み方もある。
逆に、お腹の中のスジバリや寒熱をしっかりと観てとって、
腹部で治療を施すとする解し方もある。いずれにしても、
腹部は臍の外側3寸5分を胸部では任脈から外方6寸に経脈は流れており、
腹部に反応は出るものである。脾にがっちりと結びつき、
胃に寄り添って上り、横隔膜の上に上る

咽を挟み、舌本に連なり、舌下に散ず
ここから体躯を出て、咽を挟み、舌根に連なって(ここには多くの経脈が走っている)、
ここで本流は舌下に散じる。舌根部に関しては
脾経の他に、「足少陰の脈は舌本を挟み、手少陰の別は舌本に系(かか)り、
足厥陰の脈は舌本を絡う」、となっている。

其の支なる者は、復び胃より別れ、膈を上り、心中に注ぐ
その支流(次の手少陰心経に経気を継ぐ為の支流)は胃に寄り添った流れから
分かれて横隔膜を上り、心中に注ぐ。
十四経発揮には、この部分を「再び胃部の中脘穴の外より膈に上り、
膻中の裏、心の分に注ぎ、以って手の少陰にて交わる」とある。



次の回には、脾経の経穴の特徴と使い方に行きたいと思っています。

ここの所、体調も今一、其の上に患者さんも増えてきたので、

なかなかPCの前にまとまって座れない日が続いていました。

更新、返信、遅くて申し訳ありません~

ぼちぼち行きますので、宜しくお願いしますm(_ _)m




PageTop

霊枢経脈篇~脾の生理~

久しぶりに、経脈篇をまとめ始めました。
読んでいないと、忘れがちでもありますので、
まとめながら、解からない部分を辞書で引いたものです。

では~行きます☆


脾虚症
☆脾虚症とは
元々日本には、梅雨という時期もあり、春の春雨、秋の秋雨など、「湿」の多い国です。
中国大陸が乾燥しているのに比べ、日本国土の体質は湿り気が多く、
元々「脾虚症」が多いのです。初診時に、「証」がはっきりしない患者さんについては、
まず「脾虚症」で治療して瘀血の処理をしておけば、再診時には、本来の証がはっきりする、
と言う位、「湿」が体に影響を与えています。

脾虚にも陽性と陰性とがあります。一寸、比較してみましょう。
陽性…性格は陽気で世話好き、良妻賢母型と言われています。
食欲旺盛で、肥満している人も多いです。大声で良く喋る、肝っ玉母さんタイプですね。
女性は脾が弱ることによって皮下に水を溜めやすいので、膠原病にかかる確率が高いのです。
脾は湿を嫌いますので、水はけの良い体を保つことが大事です。
女性は脾さえコントロールできれば、快適な生活が送れる事が多いのです。

陰性…食欲が無く、肌肉がやせていてぷよぷよした感じで浮腫があります。
陽性タイプと違って、無口でくよくよしやすい性格で、体が重く、下痢をしやすく、
下痢で水が出る事で体が軽くなります。

まず、脾とは何なのか、辞書で調べてみましょう。
(漢方医学大辞典)
…①五臓の一つ。その経脈は胃を絡い、胃と表裏をなし、
 体にあっては肉に合し、口に開竅する。
 脾は水穀の精微と水湿の運化を主り、血液を統摂し、
経脈の正常な所に循行させて外に溢れないようにし、四肢、肌肉の栄養活動を主る。
脾と胃は営血化生の源であり、後天の本といわれる。
《素問太陰陽明論》「脾は土なり、中央を治める。常に四時を以って四蔵を長ず。
各各18日にして寄り治める。独り時を主ることを得ず。
脾臓は常に胃に著(つ)きて土の精なり。土は万物を生じて天地の法とる。
故に上下頭足に至りて時を主ることを得ざるなり。」
《素問霊蘭秘典論》「脾胃は倉廩の官、五味の出づる所なり」。
《素問陰陽応象大論》「中央は湿を生ず。湿は土を生ず。土は甘を生ず。甘は脾を生ず。
脾は土を生ず。肉は肺を生ず。脾は口を主る。それ天にありては湿となす。
地にありては土となす。体にあっては肉となす。蔵にありては脾となる。
色にありては黄となす。音にありては宮となす。声にありては歌となす。
変動にありては噦(えつ)となす。窮(きゅう)にありては口となす。
味にありては甘となす。志にありては思となす。
思は脾を傷る。怒は思に勝る。湿は肉を傷る。

この中にも、難しい、意味不明の部分がありますね。一つ一つ、辞書を引いて、
理解を深めてゆきましょう。
脾の意味…漢和辞典で引くと、次の様に載っています。
①(名)五臓の一つ。胃の左下、腸の上に、うすく平らにくっついている内臓。
 衰えた赤血球をこわし、白血球をつくる働きをする器管。脾臓→漢方医学では、胃を
 助けると考えた。②「脾気(ピイチイ)」とは、怒りやすい性分。かんしゃく。
 ③(名)股(また)のこと。また、
 ももの肉。髀(ひ、へい、もも)に当てた用法。
 《解字》会意兼形声。卑(ひ)は、平らでうすいしゃもじを手に持つさまの会意文字。
  脾は「肉+(音符)卑」  で、うすく平らに胃の下に付着している脾臓。
  とあり、現在の脾臓を指しているという説と、   
肝臓の上に脾臓が載っている部分を指している、という説があり
ますが、いずれも、脾の意味するところは「薄い臓器」という事で、
良く動き、胃の消化を助けたと考えられていました。

《脾の生理》
その経脈は胃を絡い、胃と表裏をなす…「脾」という西洋医学的内臓はありません。
 これは、上記の様に、会意文字で、「胃の下にある薄い臓器」を指し、
 よく動いて胃を下から揉み、消化活動を助けると考えられていました。
 それ故に、消化活動をする胃と関係が深く、その経絡は胃を絡い、胃と表裏を成す
 というのです。脾臓が肝臓の上に載っている部分を指すという一説もあります。

水穀の精微と水湿の運化を主る…「脾、主為胃行其津液」(脾は胃の為に
 その津液を行(めぐ)らすを主る)という文章が『素問厥論』の中にあり、
 これは、胃は飲食を受納したのち、脾の働きによって、栄養を含んだ津液を
 その他の臓腑と人体の各部分に送るという意味で、胃は単に供給倉庫であって、
 津液を行らすには、脾の運化作用に頼らねばならない事を説明している。
 運化とは、脾の主要な機能の一つで、二つの事柄を包括している。
 1つは精微を運化し、飲食中より栄養物質を吸収し、五藏六府の各器官組織に
 輸布すること。1つは水湿を運化し、体内水液の運搬と排泄を促進し、
 肺・腎・三焦・膀胱などの臓腑と協力して水液代謝の平衡を維持すること。

血液を統摂する…この機能によって、経脈の中を血が運行され、外溢するのを防ぐ。
 脾は中焦を主り、営気を化生し、営は脈中を行ぐり、血は気より生じるので、
 脾が虚すれば営気の化生が不足し、血液を統摂する働きに影響して
 容易に各種の出血疾患を引き起こす事になる。《難経42難》
 「脾は……血を裹(つつ)むを主り、五臓を温む」《血証論》「脾陽虚すれば則ち
 血を統すること能わず、脾陰虚すれば又血脈を滋生すること能わず」

営血化生の源であり、後天の本といわれる…人体の出生後の栄養と発育は、
 脾胃の気が水穀精微を吸収することにより供給されるのでこの名がある。
 臨床上、後天的栄養失調或いは病気により、脾胃が傷られた場合、
 脾胃を調える治療を行う事によって効果を上げる事が出来る。
 《医宗必読》「一に此の身にありて、必ず穀気を資とす、穀、胃に入りて六臓に酒陳し
 而して気至り、五臓を和調し而して血生ず、人の資以って生きる者となすなり。
 故に後天の本、脾にあるという。」

脾胃は倉廩の官、五味の出づる所なり…《素問霊蘭秘典論篇》倉廩の官は「脾胃」を指す。
 穀物を蓄えるのは倉であり、米の蔵は廩である。倉廩は穀物を始めとする
 食物の倉庫を意味する。胃は水穀を受納し、脾は精微を運化し、
 これによって人体に必要な各種の栄養分を供給することができる、
 ということを言っている。ここで言う五味とは、酸・苦・甘・辛・甘・鹹の事であるが、
 同時に各器官の栄養素をも指している。バランスよく、食べることが良い。

肌肉、四肢の栄養活動を主る…肌肉の栄養は脾の運化、吸収によって得ることができる。
 一般に脾気が健運し、栄養分が充足していれば、肌肉は豊満する。
 故に、「脾は、肌肉を主る」といわれる。例えば、脾に病が在れば
 消化吸収の作用に障害が生じて、次第に消痩してくるなど、顕著に筋肉の消痩に関わっている。
 また、脾気の輸布によって四肢を充満し、四肢の機能活動は脾と密接な関係がある。
 故に、こう言われる。臨床上、脾気が虚弱になると四肢に力が無くなり、
 消痩あるいは浮腫がおこる。脾は湿邪を受けると四肢倦怠などが現れる。
 これは脾と四肢の関係を現したものである。
 《素問太陰陽明論》「指趾は皆気を胃に禀(う)く、而れども経に至る事を得ず。
 必ず脾に因りて乃ち禀くることを得るなり。

脾悪湿(脾は湿を悪(にく)む)…脾は水湿の運化を主る。湿が盛んであると
 脾陽を傷りやすく、健運に影響して泄瀉を発生し、四肢困乏などの症状をあらわす所から
 脾は湿を悪むの説がある。《素問宣明五気篇》参照

脾は意を蔵す…意とは、意念を指し、思惟活動の一つである。
 古人は五行学説と情志・思惟活動を結びつけ五臓に配当させた。
 例えば思慮過度によって、脾が傷られて病を生じることから、「脾は意を蔵す」
 として補脾の治療を用いて効果をあげている。
 《素問宣明五気篇》「五臓の蔵する所、……脾は意を蔵す」
 《霊枢本神篇》心に憶う所有り、之を意と謂う」
 …《漢字源》会意。音とは、口の中に物を含むさま。意は「音(含む)+心」で、心中に考え巡らし、
 思いを胸中に含んで外に出さないことを示す。
 憶(おく)…思いを心中に含んで旨が詰まる・抑(よく)(中におさえ含む)と同系。

脾は口に開竅し、涎(えん・よだれ)に反映する、その華は唇(しん)の四白にある
 《素問金匱真言論》に「口に竅(きょう)を開き、脾に精を蔵す」、
 《霊枢脈度篇》に「脾気は口に通じ、脾和すれば則ち口よく五穀を知る」とある。
 これは脾臓の精気が口に通じ、脾気の機能が正常ならば、
 舌はよく味を弁別することを述べている。脾に病があれば口や味に影響する。
 脾が虚すれば、口中は淡白で味を感じない。脾に湿熱があれば、口中に甘味を感じる。
 これらは弁証に際して、一つの助けとなる。
 華とは、外に花開く、という意味。唇四白(しんしはく)とは口唇周囲の肉の白肉の事である。
 脾は肉を主り、運化を主る。その精気は口唇周囲に特にはっきりとあらわれてくる。
 《素問五蔵生成篇》に記載されてある「脾の合は肉なり、その栄は唇にあるなり」の説は
 一面では脾の散精作用を述べている。また別の一面では脾に
 蔵営の作用があることを述べている。この営気が全身に充分に輸布されていれば、
 脾気が健康であるということであり、口唇は紅く潤っている。故に口唇と口唇周囲とは、
 脾の機能の状態を判別する助けとなる。《素問六節蔵象論》「脾胃……その華は唇四白にあり」



PageTop

足厥陰肝経の流注

昨日の疲れがまだ残っていますが、

青息吐息の状態で何とか、流注部分を仕上げました。

今日までの公開です。明日には昨日の肝経の生理の部分と一緒に、

非公開設定に戻してしまいますので、必要な方は今日中にコピー等、

お願いいたします。

では、いざ!



足厥陰肝経の脈
(原文)
肝足厥陰之脈 起于大指叢毛之際 上循足跗上廉去内踝一寸 上顆八寸 交出太陰之後 
上膕内廉 循股陰入毛中 過陰器抵小腹
 挟胃属肝絡胆 上貫隔布脇肋 循喉嚨之後 上入頏顙 連目系 上出額 與督脈會于巓 
其支者 従目系下頬裏環唇内 其支者 復従肝別貫膈上注肺


(読み下し)
肝なる足厥陰の脈は大指の叢毛(ごうもう)の際(きわ)に起こる。上りて、足跗の上廉を循り、
内踝を去ること一寸、踝八寸上り、太陰の後方に交わり出で、膕の内廉に上り、
股陰を循り、毛中に入り、陰器を過ぎり、小腹に抵(いた)る。
 胃を挟み、肝に属し、胆を絡い、上りて膈を貫き、胸肋に布(し)き、喉嚨(こうろう)の後を循り、
上りて頏顙(こうそう)に入り、目系に連なり、上りて、額に出て、督脈と巓に会す。
 其の支なる者は目系に従いて頬裏を下り、唇内を環(めぐ)る。其の支なる者は復た肝に従いて別れ、
膈を貫いて肺に注ぐ。


(意訳&経穴)
肝なる足厥陰の脈は大指の叢毛(ごうもう)の際(きわ)に起こる。 
胆経からの経脈が親指の先から回り込んで爪甲を貫き、三毛に出て終わる。
足厥陰肝経の脈気は、この続き、母趾の三毛の際から始まる。
 ですが、実際には肝経の流注は母趾の先端から始まり、この部分にお灸をすると、
肝経が良く暖まり実に良く効くそうです。
 太敦(井木穴)…痙攣性の疾患に用います。てんかんなどに良く効きますが、
治療のし始めには、治療後、軽い発作が起こりがちなので、其の事を前もって
患者さんや付き添いの方に話しておくべきです。そうでないと、
「治療の所為で、発作が起こった」とか、「全然効果が無い」とか思われがちになるからです。
 
 行間(熒火穴)…第一中足指節関節の母趾側にあります。肝虚証の治療点としては、
 重要な穴になります。
 太衝(兪土原穴)…下から刷り上げて両骨の間に取穴します。その他の併用穴としては、 行間穴と太衝穴は、 厥心痛に使用します。
 厥心痛…古くの病名で、死血心痛、畜血心痛とも言う。瘀血、死血によって引き起こされる胃脘痛 をさす。
多くは打撲損傷、或いは熱い酒や熱い食物をしばしば飲食して胃口に死血が留滞し、
痛みを引き起こす。症状は胃痛が時に病んで時に止む、或いは湯水を飲んで咽に下れば
すぐにむせる、その痛みは上より下に、時にチチと言う音がしたり、
痒くてたまらなかったり、安らかに眠れなかったり、心下を削られる様であり、
上は胸膈に連なり、口中が血なまぐさく、脈は渋或いは芤などがみられる。
治療は、軽ければ開導し、重け れば攻下の法に良い。方は四物湯加大黄・桃仁・
紅花或いは桃仁承気湯などを用いる。胃虚は理中湯加肉桂・桃 仁・紅花などを用いる。
《証治ジュン補》「婦人の経行いまだ尽きず、たまたま恚怒に触され気が鬱して行ら  
ず、血また績留し、上攻して心痛す。」とある。
 
 太衝の脉は鍼灸聚英に「病人の太衝脈の有無は死生を決する」と書いてある。身体全体の循環障害が出ているか どうかをここで診る。ここでお腹を暖める。お腹が暖まれば、手足も暖まる。治療後すぐに暖まると、後は冷え るだけなので、帰宅する頃に暖まる治療が丁度良い。
 太敦、行間、太衝、この3穴だけは、神経支配が深腓骨神経であり、周りが浅腓骨神経に支配されている事と何か 関係があるはず。鼻緒のある草履を履くと、身体に良いといわれるが、その所以がここにありそう。

足厥陰肝経の始まりと神経支配


(原文)
上りて、足跗の上廉を循り、内踝を去ること一寸、踝八寸上り、太陰の後方に交わり出で、
膕の内廉に上り、股陰を循り、毛中に入り、陰器を過ぎり、小腹に抵(いた)る。

(意訳)
 上に上がって、足の甲の上を循ります。内踝とある、この踝は、脛骨の事です。経脈はこの脛骨の前面上を流れ ます。普通は、この脛骨前面は平らなのですが、肝虚の人はここに浮腫が出ていて、少し盛り上がっています。 故に、蠡溝の部分を押すと、ぺこんと凹みます。
 ※注意:蠡溝の部分の浮腫と、脾虚の浮腫みは違います。脾虚の浮腫みは、脛骨の内面に当たります。
 ここを良く見分けて下さい。熟練者でも、間違う事があります。脈で見分ける事です。
 膕の内廉に上った所が、曲泉です。膝を屈した時の横紋の頭に曲泉を取るのが便法ですが、
 これが間違いの元に なります。下腿を伸展して、鵞足の部分に必ず取って下さい。
 ここは、命がけの気持ち位で取る事が大事です。
 
 中封(經金穴)…經金ですので相尅関係です。虚なら瀉法、実なら、補法です。
  陽痿の妙穴で、焼き針で1mm 程  度、刺針することで治癒します。
 蠡溝(絡穴)…内踝より上方5寸、脛骨上に縦溝があり、陥凹がある部分です。
  年配者で、陰嚢が痒くて困る問ういう時の妙穴です。
 中都(郄穴)…内踝より上方7寸、陥凹が在る所に取穴します。蠡溝に反応が無い時に、
  ここを取穴します。アレルギーの人に良いといわれます。
  副交感神経の興奮を下げる作用があるので、花粉症などに用いる事もあります。
 膝関…脛骨内側顆から内踝まで1尺3寸を取穴の基準とします。この穴の一寸後に、
  肝虚時に取穴する陰谷穴があります。
 曲泉(合水穴)…縫工筋、薄筋、半腱様筋があつまる、鵞足の下に取ります。
  ここは、肝虚時には非常に重要な穴です。命がけで取って下さい。

曲泉穴から内転筋群の中を上行して、膝関節内側の内転筋群の起始部に当たる
坐骨結節付近を循り、陰毛に入り、更に陰器を回り、支配しています。
特に男性の場合は、血流が海綿体に集まるという循環系の問題がありますので、
肝の変動が陰器に現れやすいのです。それで、陽痿(ED)の時には、肝経の治療が効くのです。

(原文)
胃を挟み、肝に属し、胆を絡い、上りて膈を貫き、胸肋に布(し)き、喉嚨(こうろう)の後を循り、上りて頏顙
(こうそう)に入り、目系に連なり、上りて、額に出て、督脈と巓に会す。

(意訳)
 腹中に入った経絡は、先ず胃を挟みます。昨日の原稿、肝の生理の部分で、赤字で赤線を引いた部分があった事
を思い出してください。肝は良く脾胃の消穀運動を助けるという一文です。この文で、肝が胃の消化運動を助けて
いる事が解かります。それで、肝気は胃を挟むという表現になるのです。脈気は肝に属し(がっちりと結びつく)、
胆を絡(まと)い(からみつき)、上行して横隔膜を貫き、肋骨一面を覆い、咽の後の部分をめぐって、額に出ます。
その部分で、目を生理的に栄養しています。更に上行して百会の部分で督脈と交会します。肝の脈気が肋骨を覆っ
ているので、肝の病症で胸脇苦満が出てくるのです。上行して百会まで行きますが、陰経で百会で交会するのは、
足厥陰肝経のみです。厥陰頭痛が頭頂部である事が、ここで解かります。
 章門(脾募穴)…第11肋骨前端下際にある。脾の募穴、臓会穴と多彩である。
 期門(肝募穴)…第9肋軟骨付着部下際にあります。数少ない自経の募穴です。
これらは、体表に現れる反応点となります。則ち、胸脇苦満を示す部分です。

(原文)
其の支なる者は目系に従いて頬裏を下り、唇内を環(めぐ)る。
其の支なる者は復た肝に従いて別れ、膈を貫いて肺に注ぐ。

(意訳)
 足厥陰肝経の支流は眼球から眼神経まで視力の関係を一巡し、その後、頬の裏側を
下って唇の内側を循ります。 循環器系に問題が起こると、チアノーゼを起こして
唇の色が紫色になりますね。唇を循るのは本来、脾経ですが、
この文章での唇は、「色」「循環系」を表します。その支脈がまた分かれて下降し、
今一度肝をめぐり、横隔膜を貫い
て次の流注である肺に注ぎます。こうして、肺に戻ってきた経脈は
輪のように途切れることなく、延々と続いてゆく事になります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。